回答受付が終了しました

ID非公開

2021/3/1 23:18

33回答

スキンダイビングを趣味でしています。

ダイビング36閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(3件)

1

ダイビングクラブでフリーダイビングの練習にも定期的に参加しています。 人により耳が抜けにくくなる水深に違いがあるようです。その水深をどうにか 越えれば、ほとんどの人が問題なく潜行出来ています。 次のことを試してみましょう。 * 水に入る前に1時間程度、ガムをかむ * ガムをかみながら耳の後ろからアゴにかけて、よくマッサージをする * 潜り出す直前に1回、耳抜きをする * 痛くなる前に耳抜きをする * 1M毎に耳抜きをする * ユックリ潜行する * 頭を上・足を下で潜行する、この方が耳が抜け易い * ラインなどがあればそれに捕まって頭を上で耳を抜きながらユックリ潜行 * 頭を下にして抜けなくなったら潜行を止め、上を向いて抜いてみる * 頭が下の場合、潜行方向を目で追わずアゴを出来るだけ引いて潜行 耳抜きは力を入れすぎず、絶対に無理をしないでください。 あとスキンダイビング・フリーダイビングの練習は、絶対に一人で行わない ようにしてください。一人で行なっていて万が一、ブラックアウトが発生 した場合、そのまま天国か地獄に一直線です。 添付写真は、いつも練習で使っているダイビング専用の水深20Mの プールです。

画像

1人がナイス!しています

0

気圧変化が大きいのは実は浅場で深場に行けば行くほど気圧は高くなるが 気圧変化率は小さくなっていってるんだよね。 0m(水面)では1気圧ー10mでは2気圧と2倍の変化がるけどー20mは3気圧でー10mからー20mまで同じ10mでも1.5倍しか変わっていなくー30mまでの10mは1.3倍しか変わっていないから本来は耳抜きは容易になるって言うか浅場より頻繁にしなくていいのが一般的なんだよね。 だから耳抜きにはおそらく問題はないと思うけど他に問題があるのかもしれないね。 要因としてまずは精神的なものかな深場は耳が抜けにくいという先入観があり実際抜けにくくなるなどかな、もし身体的な要因だったら人それぞれだからわからないね。 ダイビングに詳しい耳鼻科などに行って相談するのが良いかもしれないね。 もし耳が抜けていないと思ったら落ち着いて耳に問題がないと思われるところまで少し水深を浅くしてそこで耳抜きをすれば抜けやすくなると思うから一度試してみて。 それでもだめなら耳鼻科に行って調べてもらうのが一番かもね。 ダイビングに詳しい耳鼻科はDANジャパンのサイトから検索できるよ。

0

10mまで潜っても問題無いということは耳が全く抜けないわけではないですよね おそらくやり方も間違ってはいないと思いますので、後はタイミングの問題じゃないでしょうか? 圧力がかかり始めると抜けにくくなりますので、違和感が出る前に先手を打って抜いていけば大丈夫だと思いますが

ID非公開

質問者

2021/3/2 18:27

思いっきりやると鼓膜破れそうで怖くて上がっちゃうんですよね笑。。 どうしたのもでしょうか。。