地目変更(畑→宅地)には境界確定と地積測量が必要でしょうか?

不動産214閲覧

ベストアンサー

0

ご回答ありがとうございました。 市農業委員会に相談しました。該当地2筆の土地には過去農地転用許可が下りていることが台帳で確認でき、非農地証明を出してもらえることになりました。 しかし、本日の所轄法務局の説明では、筆界確定(境界と筆界と異なり、公図上で境界が示されているものを筆界、筆界が公図で示されていても現実的な境界が変わるようになっていない場合、境界未確定といい、使い分けが必要のようです)されていない土地については、確定が必要とのこと。筆界未確定でも地目変更ができるのは、未確定地全体(本件の場合、隣地所有地2筆を同時に)で宅地に地目変更する場合は、受理されるとのことでした。 隣地は、耕作されていませんが畑ですので、現状では宅地には認められません。 筆界確定と地積測量が必要との考えは変わりませんでした。

その他の回答(9件)

0

必要。 畑は平方メートルだけど、地価の高い宅地は面積が下2桁まで確定されてる必要がある。

ご回答有難うございます。may********さんとの質疑をご参照ください。地積表示を下2桁迄表示するために筆界(境界)確定するわけではないようです。公図上で一区画が複数の筆(地番)で表示されている場合は、一筆の土地を分筆して地目変更するときと同じ手続きが必要であるということです。一筆の土地に地目が異なる複数の表記はしないことになっており、筆界未確定で同一地目の一区画は一筆の土地とみなして、登記官の職権で分筆するときと同じ手続きを要するとしているようです。

1

「境界確定をして確定測量をしなければ地目変更ができないのでしょうか?」 ↓ 登記官がそのように判断したのなら無理です。 公図上の筆界位置と現地境界位置が異なっていて、現地の土地利用状況(地目)が筆界とは別の位置で区切られている場合は、地図訂正及び地積更正登記を先に行い、その上で地目変更登記することになります。 なお、地積測量図は道路と私有地の筆界位置を示す疎明書類であり、隣との筆界を示す根拠にはなりませんので、地図訂正及び地積更正登記はしなければならないでしょう。 簡単に済ませたいとお考えのようですが、登記官も法令に則って質問者様に説明しているわけですから国民として従うべきでしょう。

1人がナイス!しています

地籍調査で筆界未定となったのであれば、調査時において筆界が確定されていませんので、土地所有者自身で筆界を確定しなければなりません。 地目変更の前提条件として公図上のどの範囲を変更するのかを示すのは筆界しかなく、筆界が未確定なら地目変更するのは無理です。 それと、筆界未定となったのは当時の亡父様の判断であり、地籍調査を実施した市町村や法務局の判断ではありませんから、質問者様ご自身が現地と登記及び公図が一致するよう必要になる登記手続きを行う必要があります。

0

必須ではない。 隣接地と揉める可能性がなければね。 たぶん揉めそうだなって思われたのでは?

本日の所轄法務局の説明では、筆界確定(境界と筆界と異なり、公図上で境界が示されているものを筆界、筆界が公図で示されていても現実的な境界が変わるようになっていない場合、境界未確定といい、使い分けが必要のようです)されていない土地については、確定が必要とのこと。筆界未確定でも地目変更ができるのは、未確定地全体(本件の場合、隣地所有地2筆を同時に)で宅地に地目変更する場合は、受理されるとのことでした。 隣地は、耕作されていませんが畑ですので、現状では宅地には認められません。 筆界確定と地積測量が必要との考えは変わりませんでした。 隣地と境界(この場合は筆界も同じ)確定できなかったのは、平成の国土調査の際に亡父と隣地所有者が揉めたからだったようです。 隣地所有者もご高齢になり、遠隔地にお住まいでもあるので、了解を得ずに地目変更ができないかと考えています。

2

境界未確定であれば境界確定の測量を要するというのが筋です。 境界が不明確なものをどうやって判断せよと言うのですか? 地目変更に測量が不要なのは一般論であって、本件には当てはまりません。 管轄外法務局や本省に問い合わせてもそれは同じです。なお、これは非常に迷惑な行為で、税金の無駄遣いです。迷惑を掛けていることを自覚してください。 ちなみに、非農地証明が出るということは、地目上が畑なだけで、周りは住宅街であると予想されます。 そうであれば、公図上の境界未確定土地内全部が宅地に該当するとして、隣地所有者と一緒にまとめて地目変更する余地はあるのだと思います。 この方法を取りたいのであれば、境界未確定土地内の一通りの写真を揃え、管轄の法務局に予約して手続き案内を受けるのがよろしいです。 大事なことなのに、「簡単に済ませたい」という質問者の意図が見え見えなので親身な対応をとってもらえていないんですよ。

2人がナイス!しています

ご回答ありがとうございました。 ほぼ所轄法務局の方と同じお考えのようなので、私が感じていることを述べます。 該当地域は、建築確認申請も不要な農村部で道路沿いに家が点在し徐々に廃屋が増えているところで、耕作されなくなった田や畑が増えている地域です。 実家が建って凡そ50年、固定資産税は宅地課税され、隣地との境もほぼわかる状況にあります。 この状況で、地目を現状に合わせ宅地に変更するのになぜ境界確定と地積調査までおこなわなければならないのか理解できないからです。土地(宅地)の売買をする際にも、相手が同意(まず、無いとは思いますが)すれば境界確定も地積測量も行わずに名義変更できます。境界確定と地積測量が必要とされるのは、一般的には土地売買のときだと思います。 公図上境界未確定土地内全部を所有者共同で地目変更するときは境界確定も地積測量も不要で、一部を地目変更するときは必要とするのは何故でしょう?

0

①、都市計画区域内での住宅の建築には、建築基準法第42条に定め る都道府県道路や市町村道路、建築基準法が承認の道路、同第43条 が認める道路で、2.m以上平行に接道が必要で農道は駄目とします。 地目変更登記の手続きは、建物完了検査済証の取得前後になります。 ②、不動産登記法の地目変更は、法務局の登記係での回答で良いと 思います。建築確認申請に建築基準法では道路や水路幅員とか、宅 地周囲「筆界や境界線確定図」迄は求めないが、近隣とのトラブル 回避や境界ンクリ-ト杭打ち直しには必要です。なお境界コン杭標 があるとか、道路や水路幅員が不明確でなければ行政機関は、境界 線確定図は求めません。後は土地家屋調査士事務所との次第です。

ご回答ありがとうございます。 該当地は、都市計画区域外で建築確認申請不要地区です。 建物は敷地が境界(筆界)不確定でも、登記できることは確認済です。 敷地について、現状に合わせキチンと登記したいため、地目変更を行おうと思いました。ネットでいろいろと検索すると簡単に自身で可能とおもったのですが、トンデモなく面倒なことを求められたため、疑問に思い皆さんのお知恵をいただこうと考えました。 やはり、境界(筆界)確定と地積測量は行わねばならないのでしょうか? 所轄法務局登記官は必須との考えです。