ID非公開

2021/3/2 20:50

66回答

楽器全般 | 吹奏楽186閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

1

楽器以外はプロでも使えると思います。 教則本は中を見ていないので微妙ですが。 楽器に関しては、どういうプロがどういう目的で使うかでしょうね。 たとえば、雨の屋外のステージで音自体はPAで細工できるので 普通の楽器は怖くて吹けない場合とか プロの役者が撮影で使うとか、プロの殺し屋が凶器として使うとか。 いちおうマジレスしておくと、このクラスの中国製の楽器は 品質管理や検品、調整のレベルがイマイチなので、 特に通販だと、楽器自体の問題+トラック輸送の影響があるので キーがホールを押さえられずに音が極端に出しにくかったり 普通の楽器ではスムーズにつながる音が出しにくい といったリスクを覚悟しないといけません。 プロや上位のアマチュアだったら、吹き方の基本が出来ていて 楽器の問題を見極めて吹き方を修正しながら なんとか使い物にすることができる可能性がありますが、 楽器のハンデを見分けられず克服するだけの技術が身についていない 初心者や初級者にはおすすめできません。 他の工業製品で例えるなら、これから自転車に乗ろうという人に ブレーキが微妙に効かず直進するのにハンドルが暴れて制御不能な 自転車は勧められないのと一緒です。

1人がナイス!しています

以前プロの吹奏楽団のホルン奏者が似たような中国製の楽器で、 当社の楽器ユーザーみたいなレポートを書いていたのを 思い出しました。 その方は中国製の楽器をステージで使うために、 設計の変更や、加工や調整の不良を相当手直しして やっとステージで使えるようになった、みたいです。 プロの奏者なので、ある程度楽器の欠点を克服しながら 演奏できるだけの実力をお持ちの方がこんな感じなので ・本当に楽器として使えるアタリの楽器が手に入るか ・その楽器を手なづけるだけの実力があるか というのがないと楽器として使うのは難しいと思います。

0

正直なとこ、楽器以前ってレベルかと(汗) プロになっても・・・どころか、初心者が楽器として使えるかってレベルで。 案外管楽器ってプロとアマの使ってる楽器にあんまり差が無いって言えば無い(といっても一部は除く)んだよね。アルトサックスなら30万~70万くらいの間かなあ。音大生とかじゃなくても、高校生の吹奏楽部レベルで20万~っていうのが「普通」っていうかな。 5年10年って使える楽器の最低ラインとしてよく言われるのがヤマハのYAS-62。 https://jp.yamaha.com/products/musical_instruments/winds/saxophones/yas-62/index.html 悪い楽器じゃないけど、気合入れてやってくにはこれでも不十分って感じ。 ほんと管楽器ってお金かかるんだよね。初期費用に加えてランニングコストも平均したら年間1~2万はかるくかかるし。

0

この中でプロになっても使える楽器の最低価格は295.000円ですね。 バックの2機種位でしょう。 ヤマハも悪くはないし個人的に音はローグレードの物の方が良くすら感じますが、プロで5000番台を使ってる人を私は見たことがありません。まあ、この辺は好み次第ですね。 あとの一桁万円の楽器はすみませんが楽器に関して全くの無知以外まともには使ってはいないでしょう。楽器を知ってる人ならばJ.マイケルだソレイユだってのがどういう楽器か知ってますから。 もう一本、バックの5万円台の楽器がありますが説明書きを見るとステューデントモデルと書いてありますね。学生向け廉価モデルですよ。 ……まあ、ここにある楽器の殆どは自ら進んで使うプロは皆無ですね。どうしてもこの楽器で吹いてほしいと言われてお金を積まれればどうしようかな~という感じでしょう。 それでも100%の自分の演奏が出来ませんからね、自分の演奏に傷が付くことを考えればデモンストレーション以外の本番では考えものでしょう。