重ね合わせの理で質問です。この回路図の展開の仕方を教えて下さい。電気数学素人です。

画像

工学21閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

朝早くからの回答ありがとうございました

お礼日時:3/3 10:53

その他の回答(2件)

0

各抵抗に流れる電流を右または下を+とすると。 左側は、R2とR3が並列なので、それぞれの抵抗に流れる電流IRnはIR1=E1/(R1+R2R3/(R2+R3)), IR2=IR1R3/(R2+R3), IR3=IR1R2(R2+R3) 右側はR1とR3が並列なので、 IR2=-E2/(R2+R1R3/(R1+R3)), IR1=IR2R3/(R1+R3), IR3=-IR2R1/(R1+R3) と言う関係になりますので、上下の値を足し合わせます。 ちなみに、並列抵抗の抵抗値は逆数の和の逆数とならいますが、2本の時に限っては積を和で割るという方法が使えます。 また並列抵抗に流れる電流は、全電流が判っていれば逆比で求まります。