森喜朗の発言を「女性蔑視」だとして、 聖火リレーを辞退した聖火ランナーは 「聖火リレー」そのものがナチス・ドイツの国威掲揚のために

補足

「ユダヤ人蔑視」のナチス・ドイツが国威発揚のために 行った聖火リレーに参加していた者が 森喜朗の発言を「女性蔑視」として、 聖火ランナーを辞退した・・・ なかなか笑えるジョークではないか??

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

2

確かに、聖火リレーは、ナチスが始めたものです。 しかし、聖火という考えは古来からある。 聖火リレーは、一般には、ナチス思想の象徴とは認識されていない。 質問者のご意見は、「屁理屈」というものです。

2人がナイス!しています

アホ オマエは人権意識のない鬼畜! 聖火ランナー、聖火リレーとは ナチス・ドイツが「アーリア人優位説」に即して行われた ヘイト差別丸出しの行事である。 , 森喜朗の発言を「女性蔑視」だとして、 聖火リレーを辞退した聖火ランナーは 「聖火リレー」そのものがナチス・ドイツの国威発揚のために 行われたイワク付きのモノだと知らないのだろうか?? 「ユダヤ人蔑視」のナチス・ドイツが 「アーリア人優位説」という国威発揚のために 行った聖火リレーに参加していた者が 森喜朗の発言を「女性蔑視」として、 聖火ランナーを辞退した・・・ なかなか笑えるジョークではないか??

0

ていうか、聖火リレーがもともと政治的なのなら、政治的な意味で辞退するのは何もおかしくないんじゃないの。

0

ナチスがやったからダメというのも少々乱暴な主張かなと思います。 ナチスは悪いことばかりをやっていたわけではなく、経済の復興、国民の健康増進、環境衛生の向上、公害対策など、現在の価値観から見ても良いと思われるようなこともいろいろやっていました。 聖火ランナーはオリンピックの精神を象徴する行事の一つとして悪くないものだと思います。