昔の日本人て、めっちゃ背が小さかったんですよね。

補足

私が言いたかったのは、、、 母上から頂いた大切なカラダを、自分で傷付けるのを潔い又は良しとする風潮、伝統を称賛するのはやめましょうと私は言いたいのです。

ベストアンサー

0

わたしは、居合(抜刀術)と、剣舞をならったことがあるけど 切腹って、腹に日本刀や脇差を刺しただけでは、死ねないってご存知? 刃を右側に向けて、左の腹の下(あばら骨の下)に突き刺して 右側へ向けて切り裂き、右側の腹の下まで切ったら 傷口を広げるために、90度刃の角度を上向きにして、 そこから上に向けて切り裂くのが通常の切腹。 さらに、左側へ切り裂いたり、腹の中から内臓を引っ張り出す武将もいました。 切腹って、精神を集中して、呼吸を止めなくては、刃が刺さりにくい。 残念ながら、 「ウォオオオ!」と叫んでいる時点で、 日本刀が腹に刺さってくれませんよ。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

貴殿が一番誠実なご意見をくださいました。 ありがとうございましたm(__)m

お礼日時:3/5 21:38

その他の回答(8件)

1

実は現代でも日本女性は不自然なほど小さい、国連では日本を”潜在的飢餓国”に指定している。男どもが始めた戦争に負けたので、いつ何が起きても最小限の栄養で生き抜くつもりだろう。

1人がナイス!しています

1

サムライ=武士が乗っていたのも木曽馬という小型の馬だからね。ドラマや映画とかでカッコ良くみせるために史実とは違うサラブレッドを使用したりするから、現実を知った人達はあなたのように落胆したりするのかもね。

1人がナイス!しています

2

現代人と比べての栄養不足など、平均身長が低かったのは確かです。特に江戸時代はとびきり低いです。 江戸や大阪など都市部の市民は白飯で炭水化物ばかり取り、たんぱく質をあまり取らず、農民や戦国時代の武士と比べれば運動量が少ないので当然です。 ですが、あくまで低いのは平均身長です。武士や漁師は仏教流入以後も肉や魚を普通に食べていました。 当時の記録を信じるなら(平均身長だけ信じて記録を信じないというのも変な話ですが)、身長180cm以上の武将も何人かいます。全員が全員、150cm代のちんちくりんばかりというわけではなかったはずです。

2人がナイス!しています

2

なぜ、身長が低かったのかも、原因が分かっています。 動物性タンパク質です。 昔の人々は、動物の肉を食べれるほど、裕福ではありませんでした。 昔の人々にとって、動物の肉は、高級食材だったわけです。 そして、動物性タンパク質には、 身長を伸ばす効果がある事が分かったのです。 アホというか、みんな貧乏で、動物なんて食えなかったわけです。

2人がナイス!しています