ID非公開

2021/3/10 23:39

33回答

映画ポンペイの結末ですが、こんな悲しい結末は嫌いだという英語のコメントがかなりありました。 彼らは基本ハピーエンドが好きです。

画像
補足

『そして最後は、“ハリウッド的”ではないエンディングを迎えるんだ。実はスタジオの要望もあって、2通りのエンディングを撮っている。だけど最終的にはスタジオも納得して、僕の描きたいラストシーンに同意してくれたよ。完成した映画のエンディングをとても誇りに思っている』と異彩を放つクライマックスにも注目したい。 https://eiga.com/news/20140606/8/

外国映画516閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

ID非公開

2021/3/13 18:02

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

此の世のなごり。夜もなごり。死に行く身をたとふれば、あだしが原の道の霜、、、、、未来成仏うたがひなき恋の手本となりにけり、 来世で二人の愛が結ばれることを誓うは日本の心。

お礼日時:2021/12/6 0:26

その他の回答(2件)

3

ポンペイ遺跡に有名な「ふたりの乙女」(近年のDNA鑑定で二人の男だと分かりましたが)という石膏像があります。脚本家はそれを見たか知っていたかでロマンチックやドラマチックだと感じ、ああいうラストにしたのではないでしょうか。

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/3/11 19:55

そのようです。 何かを見たか読んだかしたのでしょう。

2

リアルにポンペイを再現したかったのだと思います。 以下、ウィキペディアのポンペイの歴史です。 https://ja.wikipedia.org/wiki/ポンペイ

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/3/13 20:20

>リアルにポンペイを再現したかったのだと思います。 リアルな再現では、監督は男女の見つめ合う石膏像から想像を膨らませて、2000年前の愛の物語を展開させています。 二人が噴火で亡くならないと遺骨も残らず石膏像も存在しないわけで、物語に矛盾が出てきてしまう。 それと映画の最後、二人のキスしている石膏像がぐるぐる回るシーンがありましたが、あれをどうしても入れたかったのだと思います。