自分のトランペットに、ラッカーはかけずに銅メッキだけを施したいのですが止めたほうがいいですかね?

楽器全般 | 吹奏楽106閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

メッキ厚のことは頭にありませんでした。 有難うございました。

お礼日時:4/18 1:00

その他の回答(6件)

0

意図が不明なので、止めた方が良いかどうかは判断しようがないです。 メリットが思い浮かばないので。

1

こんにちは ヤマハさんのトランペット開発記によると、シルキー氏(トランペットやマウスピースで有名な)に指導していただいた間、ベルをアルミから鉛まで比重の違う材質で試作するという課題を与えられて試したところ、アルミはとても華やかに鳴るが遠鳴りせず、鉛は遠鳴りするが唇が振動する音が拡大されたような有る意味原音に忠実な音色で、最適なトランペットの音や遠鳴りのバランスは材料を替えることで変化することを学んだと書かれていました(^^) 今お使いのトランペットがイエローブラスベルなら重くなる効果が得られ、元々が銅の多いゴールドブラスベルなら重くなり、いき過ぎてどうにもならないモノになってしまうリスクもあります(^^) ヤマハやNikkanのスクールモデルで吹きごたえを重くしたいとかのチャレンジっmだと面白いと思いますが、カスタムモデルにはしたくない感じですね(^^; ベル部分だけで変化が大きいので、本体をメッキするようなことをすると管内のボアサイズが変わってしまい全然違う楽器になってしまうリスクがあるのでご注意を(^^; >自分のトランペットに、ラッカーはかけずに銅メッキだけを施したいのですが止めたほうがいいですかね? それは質問者さんが判断して決断する仕事ですm(__)m

1人がナイス!しています

0

現在銀メッキという事ですが変色したり曇ったりしていると思います、銅メッキにすると変色が激しくなります、腐食が激しくなります、クリアラッカーは必須になります、結論としては意味はないです、元々銅が主成分の真鍮に銅メッキをかけても意味はないはずです、