ストラビンスキーの「春の祭典」という曲がありますが、

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

質問の真意を理解していただきありがとうございます。

お礼日時:4/7 23:57

その他の回答(2件)

1

生贄の儀式を経て、命の歓喜の爆発に至る話だからね。 儀式はキッカケ、プロセスにすぎない。主役は命の歓喜=祝典、祭典だ。

1人がナイス!しています

0

『春の祭典』(はるのさいてん、ロシア語: Весна священная、フランス語: Le Sacre du printemps、英語: The Rite of Spring ) フランス語とロシア語の題名はかなり異なっている。フランス語の題名は1912年3月にレオン・バクストによってつけられたもので、「春の戴冠式」を意味する(後にストラヴィンスキーは「The Coronation of Spring」の方が本来の意味に近いと言っている)。ストラヴィンスキーは生涯にわたってフランス語の題名を使い続けた。ロシア語の題名は文字通りには「聖なる春」を意味し、少し遅れて1912年9月のストラヴィンスキーのインタビューの中に現れる。英語の題はフランス語を翻訳したものであり、日本語の題名は英語にもとづく。 こういうときは、「とりあえず」 Wikipediaを読んでみるもんやで Coronation : 戴冠式 Rite : 儀式