ID非公開

2021/4/4 14:30

1212回答

那須川天心選手がボクシングに転向するという話が出ていますがそれに対して、以外に早く負けるかもしれない、通用しないかも、等の意見を耳にした事があります。

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/4/4 14:54

回答ありがとうございます。 ど素人の意見で申し訳ないのですがキックとパンチを警戒しているのと、パンチのみを警戒するのとじゃキックとパンチ両方を警戒する方が難しい気がします。 キックを警戒しなくていい分天心選手の方が有利な気がするのですが、それはボクシングの強さには関係ないのでしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

分かりやすい説明をしてくださりありがとうございました。

お礼日時:4/9 22:24

その他の回答(11件)

3

無敗と言ってもキック団体は全て零細。最大団体のk1 でさえ地方興行がやっとのレベル。天心の所属団体RISEは大阪ですらやっとのレベル、もちろん天心でないと東京ですら小規模。 那須川天心の実績も疑惑の判定勝ちロッタン、スアキムこそ大物ですが他は引退間近や数階級下胡散臭いのばっか、凄いのになるとパッキャオに一度も会ったこともないパッキャオ推薦選手というのまで呼びメインイベント。 最近はアグレッシブに打ち合うことで3Rのキック戦で心理戦とか言ってお見合い。 素晴らしい技術とスピードを持っているのに、レコード重視なので一部のキモ那須川天心信者以外は評価を下げまくりの状態です。 キックの3Rだから輝いているのが那須川天心なので12 R のボクシングでは通用しないと見るのが多いのでしょう。

3人がナイス!しています

1

キックボクシング全体を通じてのチャンピオンではなくて 某ローカル団体のお山の大将です お間違いなく

1人がナイス!しています

キックや総合格闘にパンチって 一発狙いの大振りフック系 ジャブを打たず、リードパンチを使わず コンビネーションもあまり見れないです ボクシングは、手だけなので 上記を精密機械のような精度で使いこなし さらに 視線だけのフェイントなどを織り込んで 一発のパンチを放つまでの数秒に 「見えない」凄まじい攻防があります パンチのやりとりだけで比べると キックって、果てしなく大雑把なんですね それでも、那須川の場合 6回戦からのスタートになるでしょう 既回答にあるように それほど強くない相手でも 判定勝利をゴールにして 防御を固めて、打ち合わず フルラウンドを使って、スタミナを削り 後半狙いの持久戦にもちこまれる戦術に出られると 結構苦しくなりそうです

3

キックが無くバリエーションが少なくなることで有利になることは無いと思います パワー無いし

3人がナイス!しています

3

先ず、全体のパイが違います。 キックの競技人口はボクシングより遥かに少なく、100分の1とかもっとかけ離れていると言う話もある位です。 山が大きい程登頂が困難になるのは普通の事ですね。 後は、他の方も書いている技術の差ですね。 アメフトで強くてもラグビーで活躍出来るとは限りませんし、フットサルの選手がサッカーで活躍出来るとも限りません。 よく比較に出されるムエタイですが、ムエタイの場合、タイ国内だとムエタイの競技人口がボクシングより多く、又、金と言う明確な目的意識がある為、世界のボクシングで通用するならばボクシングに転向する人も多く、そういうノウハウもしっかりしています。 残念ながら、日本のキックには、まだそういう土壌もノウハウも無いと言う感じです。

3人がナイス!しています

4

曙が総合に転向してダメだったのと同じ原理です。

4人がナイス!しています