「上位互換」の使い方 イマイチ意味が不明なんですが、分かりやすく、上位互換を使った具体的な文章を例をご回答ください

日本語 | 一般教養30閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

上位互換とは 正しい意味としては字面通りで「互換性の有無」の話で、 それが上位機種や最新機種で下位機種や旧機種のものが使えるという意味。 また誤用の俗称として 「ほぼ同じ機能だけど、より性能が高い方」を指す言葉として使われる事があります。 質問者様の例は、この誤用の方だと思いますが、 自分と同僚が「ほぼ同じ機能」というのを「頭」に適応させるのは 違和感を覚えます。 「私とアナタ」なら意味が通りますが、 それだと「同じ機能」と所詮自分も会社の部品だと 自分も卑下する事になるんじゃないかと思います。

0

「互換」というからには置き換え可能であることが前提。なので「頭の上位互換」というのは意味がいまいち理解しづらいかもしれません。 そもそも「上位互換」は本来製品に対して用いるものであり、それを自分の頭に対して用いるというのはあまりお勧めできないです。 例えば隣の部署でリーダーが代わったら何事もうまくいくようになり「新リーダーは前任者の上位互換だ」と噂するならアリかもしれません。