(1) 平面に置いてある球の真上に点光源があるとき、平面上にできる影は円となり、その円周上のすべての点と点光源とを線分で結ぶとき、これら線分(母線)の作る面と円(底面)とが囲む立体は円錐になることを証明せよ。

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました

お礼日時:4/10 15:49