明智光秀は本能寺の変を起こしたのは一体何故でしょうか。

日本史44閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お返事どうもありがとうございます。

お礼日時:4/11 21:29

その他の回答(5件)

0

織田信長を殺すことで織田信長が 持つ天下を自動的に奪える存在は ターミネーター2号だけ。なぜなら ターミネーター2号は殺した 織田信長ソックリにナリスマシが 出来るからです。手塚治虫さん、の 短編マンガで「最上殿始末記」 というのを昔、読んだことある のですが東北の大名、最上氏の 当主は領地の百姓で自分ソックリ の者みいだし影武者に取り立てた。 秘密保持のため影武者の家族、 自分に影武者いることを知っている 家来ら皆、殿様は抹殺。家族が殿様の 命令で皆殺し、になったのを知った 影武者は殿様と二人っきり、になった ところで殿様を殺して殿様に ナリスマして最上氏が隠密裏に 影武者に乗っ取られてしまう という物語です。この漫画が 手塚センセイの完全創作なのか 出典あるのかは知りませんが 明智光秀は織田信長ソックリでは 無く織田信長のモノマネも出来なかった だろうが織田信長の天下を横取り 出来ると踏んだから謀反おこした のだろうが明智光秀には 織田信長ほど信望、カリスマ、 指導力が無かったので味方、 加勢が多く集まらなかった のでしょう。

0

同様な質問に私が回答したものを再掲させていただきます。 残念ながら、謀反の理由は本当に分かりません。 6月7日に、吉田兼見が安土城で明智光秀と対面し、「今度謀叛之存分」を雑談しているのですが、兼見は日記『兼見卿記』にその雑談内容を書き残していません。 そして、山崎の戦いで敗れるまでに、光秀の書状が3通現存するのですが、その3通とも書かれている謀反の理由がまちまちなのです。 「信長父子の悪逆が天下の妨げ」となるから、「(細川)忠興などを取り立てたい」から、「(将軍:足利義昭の)入洛を支援する」ため。 これだと本当に分かりません。

0

信長の危険性に気づいていた有力な武将は、おそらく家康、光秀など数人しかいなかったでしょう.秀吉などは全く気付いていなかった証拠に、信長の死後は信長と同じことをそのまま行っている.その揚げ句が唐入りという愚行だった. 光秀、家康という人物が近世日本を作り、今の日本の礎を築いたと思う.そういう意味では明智光秀にはもっと感謝してもいいと思う.江戸時代の日本は、ペリー来航迄は、本当に世界で最も幸福な国であったことは間違いがない.疑う人は、幕末に日本を訪れた、特に政治家以外の欧米人、特に女性の目から描いた日本見聞録をぜひ読んで欲しい.