日蓮正宗についてです。 勤行・唱題をやる際に 「めんどくさい」とか「時間が惜しい」 とか気にしながらやっているくらいなら、

宗教39閲覧

ベストアンサー

0

宗教の数だけさまざまな勤行が あるのだと思いますが。 ここでは日蓮正宗上の五座三座での 勤行・唱題の事と願います。 昔、 「嫌々やるのなら、やるには及ばない。」 と大聖人様がおっしゃってたというようなことを 聞いたことがあります。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

b4wewgue:yw@ees6mejr>(かな入力しました)

お礼日時:5/10 5:14

その他の回答(3件)

1

その通りです。 禅定という修行の一形態ですが、面倒くさがってやるくらいなら最初からしないほうがいいです。 読経や唱題はサマタ瞑想の一つですから、悩みから意識を逸らせるなら、瞑想の手段としては他のものでも構いません。

1人がナイス!しています

自分には無理だ、と割りきってやらない人の方が はるかに賢いのかもしれませんね。 不幸なのは、そういう大事をぼやかして 自分みたいに中途半端にやらざるおえなく なってしまった人でしょう。

0

お経は唱えるものでは有りません。 お経に説かれてる生き方するのが本当の勤行です。

唱題、勤行は祈りだと聞いています、やることは簡単なようでも、やる人の志次第で功徳にもなれば不敬にもなるので難しい修行だと思います。

0

楽しいと思えないならやらない方がいいです。

普通の一般の人は、おそらく 勤行の価値など一生分からずに 死んでいくのだと思います。 楽しいと思える人というのは、 一般の人と違う感覚をお持ちなのでしょう。