ID非公開

2021/4/7 9:07

66回答

井上尚弥が「終わりに近づいている」と悲しいこと話しておりますが、考えたらそれって全ボクサーに言えることなんですよね。

ボクシング170閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

井上選手は35歳でやめられると宣言してますし、ボクサーは長くはできないスポーツですしね。 井上選手みたいに小さい頃からずっとやっているとそれだけパンチももらいますから晩年にパンチドランカーになりやすいので、しかし避けるのが上手い選手でさえ35までにはやめなければ危険なのですからロマももうやめるかもしれませんね。

1

その通りですしそう思うのは自由ですが、そう思うのはまだ早いと思いますし、また、現段階の井上がそう思ってはいけないと思いますし、思っていてもメディアに向かって口にすべきではないことだと私は思いました。 私は正直イラつきましたし、イラつきのあまり、もうあまりメディアに喋るなよ、とまで思ってしまいました。 私は決してアンチではないですが、おそらく少数意見ということで聞き流して下さい。

1人がナイス!しています

0

20代なんてあっという間に過ぎますからね。1日ずつをいかに大切に生きられるかですね。 体は、自己管理を1日ミスったら3日戻る。井上レベルに行ける人は大切な20代に1日たりともミスしてないんだろうなぁ。

0

おっしゃるとおり、終わりを迎えるのは全ボクサーの宿命で誰もこれを回避することは不可能です 井上はこれから後半に入ったと自身で言ってるし、いつか来る世代交代まで1戦1戦を大切に戦って行きたいところやね 油断は井上と言えども禁物やから