新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ID非公開

2021/4/7 10:39

77回答

コロナワクチンの一般接種が始まってアストラゼネカ製のコロナワクチンを打った時に血栓症にならないように今から予防として準備できることは何がありますか?

3人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/4/7 15:43

ありがとうございます。やはり今の状態は良くないようです。3週間で良いというのはよかったです。できれば今からやりたいですが、最悪3週間前からがんばります。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!

お礼日時:4/13 1:46

その他の回答(6件)

1

若年者へのアストラゼネカワクチンの接種は控えた方が良さそうですね。 例えばアスピリンなどの抗血栓薬を服用することにより予防になるのか?その辺を知りたいです

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/4/10 21:59

ありがとうございます。そうなりそうですね。イギリスでは30歳以下はアストラゼネカワクチンは血栓リスクの方がコロナリスクより上回ると判断されたみたいです。薬で血栓を予防できることが分かればワクチンと一緒に処方してもらうという対応も良さそうですね。自分も知りたいです。

1

免疫の過剰反応だと思うので、免疫力を下げたらいいんじゃないですかね。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/4/9 8:04

ありがとうございます。それも良いかもしれません。過剰反応しないように免疫を下げるにはどうすればいいですか?

2

摂取後にワクチン打ってない血液に入れ替える

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/4/8 22:00

それは良いアイデアですね。その場合コロナへの免疫はちゃんとつきますか?

0

因果関係があるかどうか不明。しかし若くて免疫力が高い30歳未満の女性ほど、アストラゼネカワクチンで血栓になりやすいらしい。

この返信は削除されました

1

冷静になることです。 視野が狭くなることが不幸の始まりであり、いかに滑稽であるか。 アストラゼネカ社のワクチンを打った500万人のうち血栓による死者は今のところ19人。25万人に1人の割合です。10万人あたり2.5人。 血栓を発症した人全体が今のところ30人ですから、10万人当たり0.6人。 これに対して昨年の交通事故死者が2900人くらい。10万人当たりあたりで2.25人。 死者、重症者、軽症者合わせると36万8601人。10万人当たりだと293名に激増します。 交通事故の場合は車に乗らない、あるいは自分が運転しなくても被害者になる可能性があるのが厄介。 さらに加害者になって自分の人生をぶち壊してしまう人も入れれば、毎年クルマによって人生を狂わされた人が50~60万人くらいはいるのではないでしょうか。これが毎年です。 アストラゼネカのワクチンがいくら出来が悪いものだったとしても、これを上回ることはないでしょう。 ワクチンを怖がる人は、なぜこの事実を見て見ないふりをするのでしょうか。

1人がナイス!しています

この返信は削除されました