地球からの脱出速度、よく説明されるのが、地球から水平に球を投げて地球におちてこない速度といわれ、

2人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ついでにいえば、「動力を使い続ける」なら脱出速度とか関係ありません。どんなに低速でも上昇し続けられれば、重力の影響から脱出できるので。

その他の回答(8件)

0

長時間加速し続けるだけの燃料があれば、または速度を維持するだけの燃料があれば、どこまでも地球から離れてゆくことは可能です。 でもそれでは、たくさんの燃料が必要です。 燃料が足りなくなって慣性航行に入った時に速度が足りなければ引力によっ 地球に引き戻されてしまいます。 燃料を使い切った人工衛星も実は落下しているのです。 接線方向に移動しながら、落ちても落ちても地球が丸いために地球表面に到達できない速度が脱出速度です。(第一宇宙速度)。 爆発的な加速度(g)が生じますが短時間で脱出速度に達する方が燃料の節約になるのです。

地球を出発したロケットは太陽に対して秒速30㎞という地球の公転速度をすでにいただいていますから、太陽に引き戻されることはありません。

0

第3宇宙速度ってのは太陽の重力を振り切って太陽系外へ出るための速度です.第3宇宙速度を下回っていた場合,いずれ戻って来るが,地球に戻るかは分からない. 脱出速度とは,物体が地球に戻ることなく離れていく場合に,最初に与えるべき最低速度のことです. 脱出速度はエネルギーから理解した方が分かりやすい.最初に与えたエネルギーで,重力ですに逆らってどこまで進むことができるかってこと.重力に逆らうのだからエネルギーを失う,疲れる.エネルギーが無くなれば,疲れ果てれば止まって地球に落下してくる.

1

「地球からの脱出速度」と「地球から水平に球を投げて地球におちてこない速度」は違います。 前者は毎秒約7.9kmで、地球の周りを円運動するときの速さです。 それより速くなれば、反対側に膨れた楕円軌道を動き、 さらに毎秒約11.3kmになると、その楕円が無限に伸びた軌道、つまり放物線になり、それを超えると双曲線軌道になります。 このときの速さが「脱出速度」です。 前者は「第一宇宙速度」後者は「第二宇宙速度」とも呼ばれます。 第二宇宙速度は第一宇宙速度のちょうど√2倍です。 そして、これは物が重力のみによって運動するとき(「動力が発射」などがない場合)の話です。 おっしゃる通り、垂直に宇宙に向かって動力が発射されていれば遅くても脱出できます。

1人がナイス!しています

0

ほぼ全部の回答がどこか間違っているんだけどw どの方向に投げようと、第三宇宙速度でなければいずれ地球の引力によって引き戻されます。うまくすれば衛星軌道に乗って地上には落ちずに住みますが、地球の引力圏を抜け出すことは出来ません。 地上でボールを投げているのと同じです。放物線を描いて落ちて来る。

2

ゆっくりと上向きの力が宇宙まで続けばできます。でも燃料が続かないからできません。燃料も重たいです。 だから宇宙エレベーターの登場です。 絶対切れないワイヤーロープがあれはそれを宇宙からぶら下げてそれを伝っていけばよいのです。

2人がナイス!しています