車の助手席に犬を乗せて運転してる者が居ましたが罪になりますよね!

イヌ | 自動車687閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(4件)

2

養豚場の豚の移動もシーでベルトはしてませんが、罪にはならないなので、犬や猫など、ペットもベルト無しで助手席に乗せて走行しても、違法にはならないし、罪にもなりません、

2人がナイス!しています

0

車の助手席に犬を乗せて運転してる者が居ましたが罪になりますよね! 自己責任 私たちは ペットを 家族の一員として考えていますが 残念ながら 道路交通法上・日本の法律上 犬・猫(ペット)は物として扱われる もし あなたの 愛犬が交通事故に遭ってしまっても 保険上では「モノ」とみなされるため 人と同様に治療費を 受けられるわけでは無い 上記のとおり 物損としての損害は認められ 時価を限度とした治療費は受けられますが 残念なことに 慰謝料は認められない 道路交通法第55条2項 乗車積載方法違反 運転者の 視野・ハンドルその他の操作を妨げる つまり 犬をヒザに乗せたり抱っこするなど 安全の確保が出来ない状態での運転は 違反・普通車、反則金6千円、違反点数1点 第1節 運転者の義務(安全運転の義務) 第70条 安全運転義務違反 犬が窓から顔を出したり、 急に犬が動いたりしてクラクションや ウインドボタンを押すトラブル、 大きな事故を起こしたり 周囲を走る車に迷惑をかけることも。 普通車で反則金9千円、違反点数2点 犬と安全にドライブ セーフティーハーネス ドライブソファー ドライブボックス

0

「車両の運転者は、運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げ ~中略~ 車両の安定を害することができないこととなるような乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない」 このような法律はありますが、例えば運転手の膝の上に乗せる、など運転するにあたりそれを妨げる、或いは不安定な状態で運転することはいけないということです。 助手席に乗せるのは大丈夫だと思いますが、窓から顔を出させるなどということは違反になるかもしれません。