ID非公開

2021/4/9 20:34

88回答

ぶっちゃけ戦争って

1人が共感しています

ベストアンサー

0
画像

何も無い日本が勢いでアメリカに喧嘩売ったから、ドイツも負けちゃったんだよ。 いくら航空工学を学んだからと言って優れた飛行機が作れるわけじゃない。力学以前に「こういったイメージを形にしよう」「ここはどの位の加重に耐えられそうか」という、想像力と直感(美観)が必要。喩えるならば、イタリアの壮麗な建築の数々、美しい飛行機やスポーツカーはテクノロジーが進んでいたからデザイン出来たわけではない。 図らずも、日本人の論理と感性の足りなさが表われてしまったものがゼロ戦。 最高の精度が出せる工作機械を持っていても、創るデザインで全てを駄目にするのがアジア日本人なのである。 下写真は全く同じ同期の日本の零戦と、ドイツのフォッケウルフ君

画像

その他の回答(7件)

0

敵に対してそれなりの力の差をつけて(余力を残さないようにして)勝利しないと「勝てば官軍、負ければ賊軍」の理論は通用しないよ。

0

戦争に勝った軍隊を悪く言うのは自由主義国家では左翼勢力、独裁主義国家では対立派閥しか居ません。

0

イギリスは2度の世界大戦の戦勝国ですけど 財政的に疲弊して欧州の小国になりました。 イギリスが階級社会を克服出来ずに停滞しているうちに 敗戦国ドイツに経済面で凌駕されています。

0

戦争は勝てば、ぶっちゃけ無くても官軍でしょうね・・・(^^)/ 君、死にたもう事なかれww

画像
0

戦いは必ず勝たねばなりません。皆さんはナポレオンの最期をご存じですか? ナポレオンは失脚後、セントヘレナ島に幽閉され、島の総督ハドソン・ロウに散々にいじめられます。 ハドソン・ロウは腐ったワインに痰を吐いてナポレオンにくれ、ナポレオンが飲むことを断るとワインを彼の顔にかけました。 ハドソン・ロウはいつもナポレオンを「ボナパルト将軍」よ呼び嘲笑して、彼の頭を殴ったりしました。 ナポレオンが本を読んでいると、それを奪って頭を殴った後、破りながらクスクスと笑いました。 体格の良い衛士たちをナポレオンの家の前に立たせ、彼が家を出ようとすると激しく殴打した後、家の中に引き戻しました。 屈辱の連続に耐えられなかったナポレオンが病気になった時、ハドソン・ロウはナポレオンの医者を英国に強勢送還しました。 人々のほとんどはナポレオンの立派な姿だけを知っていて、彼の最期がどのぐらい惨めだったかは知りません。歴史上最高の戦略家の最期は、酷いイジメられっ子の姿よりも悲惨でした。 負けるとはこういうことなのです。戦いを好む者は勝率がいくら高くても、結局誰かに敗北して終わることになります。