ドリフトの仕方を教えてください

自動車18閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

いきなり中~上級者のドリフトの真似すれば事故必至なので、とりあえず初心者向けの練習から。 最初に必要なのは車。 これはFRで、LSD装着車が理想です。 それと合法に走れる場所。 ドリフト練習会等に参加するのが一番良いかと思います。 ①サイドターン。 これは初歩の初歩ならFFだろうがATだろうが良い。 それなりの速度で走行し、パイロン等の目標物を目標にしてハンドルをクイッと切ってサイドブレーキを引く。 MT車ならサイドブレーキを引く瞬間にクラッチも踏む。 まずはテールが滑ればOk。 車は滑ったところで停止してしまって良い。 慣れて来たら滑る瞬間に合わせてカウンターステアを当てる。 右回り、左回り両方練習するのが良い。 更に慣れて来たら、ここからはMTになるが、スピン&カウンターでクルッと回れたところからクラッチを離してパワーをかけて車を止めずにクリヤする。 パイロンすれすれの小回りから、パイロンと離れた位置から大回り等、色々試すと効果的。 これが自由自在にできるようになるとサイドブレーキをキッカケとしたドリフトまではあとちょっと。 速度や切り方によるテールのスライド量、アクセルとカウンター量によるコントロールを特に考えて練習しましょう。 ②アクセルターン これはLSD装着のFR車が望ましい。 FFでは不可。 LSD無しでも不可。 停止状態からハンドルを多少切っておき、エンジン回転を高めて一気にクラッチを繋いでホイールスピンさせる。 すると車はその場で回転を始めるので、アクセルとステアリングで調整しながら最初はその場でクルクル回り、だんだん回転半径を大きくしたり小さくしたりしてみる。 ③これもLSD装着のFR車。 パイロンを数個使用して、車がその周囲をグリップ走行でクルクル回れる程度の幅に置く。 その周囲をグリップ走行で走り、徐々にスピードを上げて行く。 ある程度スピードが上がるとテールスライドが始まるので、それに合わせてカウンターとアクセル量でコントロール。 最終的にはグリップでクルクル回ってた場所を全部ドリフト状態のまま回り続けられるようにする。 とりあえず、上記の練習を地道に繰り返し、自由自在にできてから本格的なドリフト練習に踏み出した方が良いです。 一か八かの上級者の真似事から入るのは絶対にやめましょう。 許可の無い駐車場等で勝手に練習するのもやめましょう。 スライドさせれば地面にはブラックマークが残ります。 それの弁償で舗装をし直して物凄い金額を取られた…なんて話も聞いたことがあります。 ドリフト練習会等ならキチンと専用の場所をお金も払って利用することになるので、警察に捕まるリスクも弁償のリスクも無く、また、縁石やガードレールに突っ込むリスクもほぼ無い状況で安全に練習できるので、結果的に安上がりになります。

もうひとつ。 ④8の字ターン。 2個のパイロンをある程度の距離に置き、最初のパイロンをサイドターンで回り、反対側のパイロンはその逆回りの方向から進入してサイドターン。 8の字型にサイドターンを繰り返します。 サイドターンをアクセルターンに変えてみるのも効果的。 その場合は滑らせたままアクセルとステアリングで調整しながら8の字型に走ります。 最後はパイロンの距離を少し広めに取り、最初のパイロンをドリフト状態で抜けたら反対側側のパイロンに振りっ返しで進入するようにする。 ここまで行けばコースに出てもそこそこ走れます。

0

文章で説明するのはかなり難しいと思うよ。 コーナーの手前でアクセル踏んだままエイってハンドル切って横滑りしたら逆ハン(カウンター)あててアクセルとハンドル操作で横滑りを維持しながらコーナーを抜ける、とか…(笑)