親が死亡し銀行口座が凍結されたとします。 頻繁に記帳していなかったので、通帳からでは残高が分かりません。

貯金 | 法律相談148閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

>法定相続人であれば必要書類を提出すれば入出金のコピーを貰えます。 ならば、一旦その必要書類を提出して、入出金のコピーとか残高とかを確認したのちに、 相続人同士で財産分与の協議が終わったら、 また銀行に必要書類を提出して金を下ろす、って感じですかね。

その他の回答(8件)

0

私が手続きした時には、凍結の手続きをしたときに、通帳を持っていっていたら記入してくれたし、残高も教えてもらえましたよ 今からでも手続き方法を問い合わせてみてはどうですか?

0

まず銀行に申し出て、相続開始日(被相続人の死亡日)以前の分を記帳してもらえるかどうかをお尋ねください。 入出金はできなくても、記帳はできるはずです。

0

口座の凍結後は基本は何もできないと考えてください。 なので通帳があるのなら窓口に行く前に ATMで通帳記入をするのが一番確実かと思います。 その後で窓口に行って利用停止の処理をしてもらってください。 窓口の人も残高が1000万円の高額なのか、それともたったの100円なのかで手続きの説明が変わると思うのでそれくらいは大丈夫かとは思います。 ちなみに残高証明書は相続人の手続きなので それはまた別次元のお話になります。 一つの参考にしてくださいね。

1

先日相続を終えた者です。だいたいこんな感じでしたが金融機関による差異はあるかも。 ・親死亡 ・金融機関に連絡することで口座が凍結される → 連絡するまでは凍結されないしお金もおろせる うちは葬式代を引き出した後で凍結 → 相続はあくまでも死亡時の残高に基づいて行う ・引き落としや定期入金があったため、それらの継続を申し入れ → 凍結後も一定の定期入出金は継続してもらえる 故人の全項目記載の戸籍謄本と相続人全員の署名捺印、 および印鑑証明が必要 ・残高証明の発行 → 入出金の継続に必要な書類で同時に申し入れ ・凍結後も記帳は可能(入出金があったため項目も増えていた) ・相続人で分割協議 → うちは司法書士に依頼して分割協議書を作成 ・分割協議書一式と相続人の実印を持って銀行へ行き相続手続き → 解約、または名義変更が選べた 解約する場合、一定額までは現金での受け取りも可能 父の口座はあと3つ残ってるかな。JAと郵便局、信金2か所は終わってるんですけどね。けっこう時間を取られるんで1日で3カ所が限度。

1人がナイス!しています

私の質問は、 口座凍結後の出金の手続きではなく、 口座凍結後の残高の確認方法です。 口座凍結していてもATMで記帳ができるのですか? 窓口で諸手続きをしない限り残高を確認することはできないのですか?

0

自分の戸籍謄本と被相続人の戸籍謄本をもって 銀行や郵便局に行き、故人の残高証明書を発行してくださいと 言ってください。口頭で金額は言えませんので後日、 郵送で明細書が届きます 同銀行で複数冊所有してても全部載ってるのが届きます 長年使われてなかった不明な通帳とかがあるかもなので残高証明書を請求して 確認しておいてください