「相対性理論は間違っていると思います。 電車の床に光源がある。光源から出た光が天井の光の検出器に届く。

物理学805閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

cafさんの外の図。要するに、光源から1番のボールが出る。次に1番2番が上下に並ぶ。最後に1番から9番が並ぶ。それではダメなんです。斜辺には1番のボールしか並びません。電車の中では光源から天井の検出器まで1番から9番までボールが鉛直に並んでいます。それを電車の外から見ると、斜辺上に1番から9番までのボールが並んでないとダメなんです。そうでないと光が斜めに見えたことにはなりません。そういう事はガリレイ変換やローレンツ変換で可能なんですか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

相対論は完全に破綻しています。 矛盾に満ちているからです。 これからは相対論はどんどん追い詰められます。 回答ありがとうございます。

お礼日時:4/16 10:04

その他の回答(6件)

0

特殊相対論のローレンツ不変は問題先送りなのね。 だから古典論が正しいといってるのは、素粒子物理学の標準理論の連中が正しいことにしないと、研究を進められない事情があったと思うの その末端の人間が騙されているだけね。 ほら、原発の安全神話と同じね。 でも、それも行き詰って 素粒子物理学を覆すミューオンの挙動、未知の物理法則が存在か https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/21/040900173/?P=3 だから、今年は新たな物理の始まりの元年だよ。 別にケプラー則も絶対静止座標系を前提(ガリレイ変換もニュートン力学もマクスウェルの方程式も無関係)にしてない。したがって時間の遅れによって局所ごとにスケール不変性が成り立つ(相対性原理)と共に系間ではスケール効果により重力が発生する(宇宙時間の減速→スケール変化→2乗3乗則→重力)と考えると、質量を等価にするのではなく生物学や工学がスケール効果を取り入れているように物理学においても、2乗3乗則を(階層構造)スケール不変性より先に考えるべきであって、 https://note.com/s_hyama/n/n813b4f075acd

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

1

その質問だったら結論が出ている。 童aahが理解出来ずBAを選ばないだけだ。

1人がナイス!しています

0

図10)時間差で順に発射される光1~9 ガリレイ変換だけで説明可能な現象です。 相対性理論は必要ありません。 電車の中と外、どちらから見ても、光1~9の位置は完全一致します。 つまり、光1~9は同じ位置に存在する同じ光です。 ただし、ガリレイの相対性原理のルールにのっとり、 光1~9の速度は違って見えます。 ちなみに、この図はガリレイ変換しか使ってないので、 ボール1~9を投げた場合も、同じ結果になります。

画像

MM実験もガリレイ変換を使ってたので、光の速度が違って見えるという予想が立てられました。 相対性理論では、運動する観測者は縮み、 縮んだ観測者が目にする景色も縮むと考えます。 そして、縮んだ観測者が目にする縮んだ景色は、Vc1 と Vc2 が同じ値に見えます。 つまり、景色が縮んで見えるから速度が同じに見えるだけ、 と、考えることで、ガリレイ変換とも矛盾しない説明が可能となりました。 ※ガリレイ変換は我々が日常的に目にする速度の計算方法なので、 それと矛盾する理論を作っても何の意味も無いガラクタになります。

1

相対性理論は最も検証されている理論の一つです。 電磁気現象は純粋に相対論的現象ですから、相対性理論が正しい証拠は日常に溢れています。 相対性理論が間違っていると主張する人はまず、その間違っているはずの理論で身の回りに溢れる現象を正しく説明、予言できる矛盾を解消しなければなりません。

1人がナイス!しています

0

特殊相対性理論は特殊相対性原理を前提の一つとしています。 特殊相対性原理は、全ての慣性系において物理現象は変わらないという前提です。 平たく言えば、加速度ゼロの状態なら同じことをすれば同じ結果になる、ということです。 電車が加速度ゼロの状態であるなら、その電車が外から見てどんな速さで動いていようと、 その電車に乗っている人の目には、電車の中で起こること全てが止まっている時と同じなんです。 電車の中で真上に投げ上げたボールは、止まっている時と同じように、まっすぐ天井に向かいまっすぐ落ちてきます。 それを外から見ている人にとっては、ボールは放物線を描くように動くように見えます。 光もそれと同じだというだけの話です。 そうでなければ、相対性原理に反するのです。 斜めに進む光はありません と断言する以上は、ソースを出していただかないと議論にもなりません。 断言するからにはそういった実験結果があるのでしょうか?あるなら是非お願いします。

回答ありがとうございます。 >それを外から見ている人にとっては、ボールは放物線を描くように動くように見えます。 私もそのように習いました。 >そうでなければ、相対性原理に反するのです。 私もそのように思います。 では、光はボールと同じに相対速度が加算されるのですね? 光速不変はフェイクだったで良いですね?