健康診断の肝機能について

補足

皆様沢山のご回答ありがとうございます ♀️ ♀️ 体型は身長159cm、体重47.8kgですが最近お腹周りが太ってきたように感じています。 また、アレルギー性鼻炎でフェキソフェナジン(1回1錠を朝・夕、つまり1日2錠)とビラノア(寝る前に1錠) 寝付きが悪いのでトラゾドン(寝る前に2錠)とルネスタ(寝る前に1錠)頓服でアルプラゾラム(1錠)を内服しています。

病院、検査92閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ALTが高値の原因と思われるのは、 アルプラゾラムの副作用の一部に以下が有ります。 肝機能障害・黄疸・ALT上昇(AST上昇・γ−GTP上昇) 病院へ行かれる機会が有れば一度、 ドクターにお聞きして下さい。 女性のBMI、30歳未満;17~24% 貴女;18.9% 低体重~普通ですね。 55㎏強で病気になりにくいと言われる BMI;22%になります。 HbA1c;貴女6.0% 或る機関での目安です。 5.8%未満;非常に良い 5.8~6.5%;良い 6.6~7.9%;可 8.0%以上;合併症の危険有り となっています。 私見ですが、余り心配しなくて良いと思います。 まだ若い‼‼ 美味しくて、栄養の有る食事で生活エンジョイしてね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

今日、再検査を受けました。採血やエコー検査の結果、非アルコール性の脂肪肝気味だと言われました。食習慣の見直しを指摘されましたので、これを機に見直してみようと思います。 回答下さった皆様ありがとうございました。

お礼日時:4/13 21:16

その他の回答(3件)

0

炭水化物多め、タンパク質不足、運動不足による 非アルコール性脂肪肝かもしれません。 (参考) https://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/67.html omron vol.67 お酒を飲まなくても注意! 非アルコール性脂肪肝

薬は毒物です。 毒作用より効能が大きい場合にのみ利用するものです。 薬は毒物ですので、分解して体外に出すのに、 肝臓や腎臓に負担がかかります。 非アルコール性脂肪肝だけでなく、 薬による肝臓への負担が影響している可能性も 考えられます。

0

肥満がありますか?肥満があったら、そのせいの検査異常である可能性が高いです。肝機能異常に関しては、定期内服薬はありませんか? HbA1cは、1年後の検診フォローで良いです。γGTは放っておいても良いです。LDLコレステロールは関しては高値ですが、お父さんやお母さんに心筋梗塞や狭心症がなければ、20代後半の女性であれば、しばらく様子を見て、半年後の再検査で良いように思います。 ALTはやはり高いかな。薬剤の服用がなければ、肝炎ウイルスマーカーの測定をして、腹部エコーをして、異常がなければ3〜6ヶ月後に再検査するかな、と思います。

皆様沢山の回答ありがとうございます。指摘されていた不足情報を追記していきます。 身長159.0cm、体重47.8kgです。 元々飲んでいる薬類は、アレルギー性鼻炎の為 ・フェキソフェナジンを1日2錠(朝と夕方) ・ビラノア(寝る前に1錠) 上記2点に加え、寝付きが悪いので、 ・トラゾドン(寝る前に2錠) ・ルネスタ(寝る前に1錠) 頓服として、アルプラゾラム(1回1錠) を飲んでいます。