回答受付が終了しました

アマチュア無線、できれば、HFの移動運用をしようとかんがえていましたが、案外、144とか、430とかのUSB運用もいけるのかな、って考えています。

補足

もう30年くらい無線はやっていないので、SSBのの種類として、LSBやUSBの違いすらもわからなくなっています。(^0^;) 気軽に、自動車で、高い山まで行って、SSBで、144とか、430とかを運用できればいいかな、って思っています。

2人が共感しています

回答(12件)

1

144とか430は国内QSOになりますがどこまで遠くまで電波が飛んだかに興味があれば楽しいですが、皆さん書かれているように局数が減っています。やっている方は出来るだけ多くの市や郡の局と交信するとかで楽しむ方が多いです。飛び方は標高やロケーションに左右されますがたまにダクトと呼ばれる異常伝搬で遠くとの交信も出来ます。SSBだとプリアンプがあると遠くの局の信号も聞きやすく出来ます。またアンテナの性能も関係します。自宅のアンテナもベランダに建てられたりしますからまずはいいのでは? HFという低い周波数は今太陽黒点数が少ないので電離層反射があまり強くないのでもう少しコンディションが上がってから考えるのでもいいかもしれません。HFはコンテストでは海外局の大きなアンテナに助けられて拾ってもらえることがあります。相手のコールサインと数字を聞き取れて殆ど数字で構成されるコンテストナンバーを話せれば難しくはありません。 結構なまった英語を聞き取るのが難しいですが。

1人がナイス!しています

0

特別 期限や制約あるわけでもないから まずやってみることが大事ではないですかね? HF帯にしても 昔のように雑誌で情報得るのとは違い 今はネットで 移動局 自作アンテナで試すとか いろいろな記事も読める時代ですから その中で自分で出来そうな部分から 始め グレードあげていけばいいと思いますけど。

0

昔に比べ、都会はまだしも、田舎は144も430もSSBに出ている局はコンテスト時を除いて皆無です。 質問者様の運用スタイルがわかりませんが、できればHFも含めて運用されてはどうでしょうか? オールバンドオールモードで使える IC-706MK2あたりの中古リグを安くヤフオクで買えば、HFもVUも楽しめます。

1

mit********さん >2mや、400のオールモード機なら、中古でも案外安いし、これからはじめてみようかな、って考えていますが。 中古だから古いのです。UVのモノバンドあるいはデュアルバンドのオールモード機なんて今時新製品ではありません。中古でも思いっきり古い機種です。 そうなると他の回答にあるように周波数の安定度に問題があるかもしれませんし、何しろ新スプリアス規定というのがあるので、JARDで保証認定してもらえるかどうかわかりません。 節約のためにVUに特化するという発想はわからなくもないですが、モードがSSBとなると、それなら短波も含むオールバンド、オールモードにした方が後々「発展」の余地があって良いと思います。

1人がナイス!しています

わたしは3エリアのエリア内第二の大都会に住んでいますが、昨日昼間430MHzのSSBを聴いたところ、1局だけCQを出していて、自分も含む何局かと交信していました。あとはすべてFMでした。 逆に144MHzはFMでは1局も聴こえず、SSBで数局。電信は自分がCQを出しましたが20分打って1局も応答なく空振りで終わりました。 >VHFやUHFなら、まずアンテナも小さいアンテナでいけますし いわゆるモービルホイップならVUほどではありませんが、簡単に設営、撤去できる小型のアンテナもあります。RHM8Bなら7MHzから50MHzまでの8バンドに出ることができます。このアンテナで10MHzの電信でフィンランドやスウェーデンと交信できました。本来想定する使い方ではないのですがアースをしっかり取れば送受信共良好です。

2

ウダウダ考えるよりもやってみれば。 機材買ってみてダメならさっさと売り払う。

2人がナイス!しています