ID非公開

2021/4/11 1:02

2323回答

どのカメラを使っても、たとえ十年前の入門機のズームキットでも、上手な人は上手で下手な人は下手だと聞きました。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

師匠。まだまだ私は修行が足りませんでした。ありがとうございます。

お礼日時:4/17 3:17

その他の回答(22件)

0

上位機種の意味はタフさ、レスポンスの早さ、シンクロを含むシャッタースピード、ボタン類の操作性などです。 撮れた写真にはグレードの明確な違いは出ません。 写真の映像面での差はセンサーの世代や映像エンジンの進化の方が影響します。 ここまではカメラの方の話です。 写真の上手か下手かは単純に撮影者のスキルです。 フェラーリに乗っても運転の下手な人は下手なままですし、N BOXに乗っても運転の上手な人は上手です。 それと同じです。 良い道具は多少はフォローしてくれますが、結局は扱う人間の問題です。

0

連写機能だけは、そう言えないでしょうね。

0

クリアーで高解像度の単純な風景写真なら 明瞭感のぶぶんで見劣りはするものの レタッチで勝てるんじゃないでしょうか? 逆にしっかり光を読める女性が最新のダイナミックレンジが高いフルフレームカメラを使えば10年前の安物小型センサーで太刀打ちできるかどうか まーケースバイケースですね いまなら70-90年代のフィルムカメラで撮ってる人が多いですね

0

あなたの理論は破綻しています。 主語が同じでないのなら比較になりません。 自分は10年前の入門機を使ったら、今より写真のクオリティーが下がるでしょうね。 レンズ・ボディーの性能が上がれば写真のクオリティーも上がるでしょうし、今まで撮れなかったカットが撮れるようになるでしょう。

1

「上手い写真」「下手な写真」の線引きが難しい。 構図(俯角が仰角かも含め)・光の周り具合・露出・手振れ… AEやAFの高度化で「失敗の少ない写真」は撮れるようになりましたが、それだけで「上手い写真」が撮れるわけではありません。 (私は「高いカメラ」で撮ってもいつまでも上手くならないので、以前から使っているカメラをずっーと使っています。カメラメーカーは儲からないから私のような客は嫌でしょうね。)

1人がナイス!しています