ID非公開

2021/4/11 17:18

1010回答

金曜日の出来事です。横断歩道でこっちはきちんと止まって左右確認してから行ったのですが渡っている途中で車がクラクションを鳴らしてきました。自分はきちんとこの距離なら確実に車は横断歩道の手前で止まれると確

ベストアンサー

0

ラグの話でしたね。 ブレーキを踏めばほぼ同時に効きます。 ブレーキを踏むと決めてから、実際にブレーキを踏んで効き始めるまでは平均で0.75秒です。よほどとろい人でも1秒台の前半です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさんありがとうございます。

お礼日時:4/19 21:45

その他の回答(9件)

0

怪我をしないようにゆっくりと尻餅をついて、相手が「大丈夫か」ときいてきても「大丈夫です!」とおっぱらいましょう。(ちゃんとナンバーを覚えること) それで相手がさっていたら、110番してください。 これで、たとえ接触がなくても、いわゆる当て逃げの完成です。 あまりにも不快なら、翌日、「どうもむち打ちになったようです」と通院すれば、いわゆるひき逃げにもなりますが、そこまでやるのは、さすがにやりすぎかな。 いわゆる当て逃げは、通報義務違反。いわゆるひき逃げは、救護義務違反であって、接触したかどうかは関係ありません。事故の当事者が、通報無しでされば当て逃げ、事故の当事者が負傷者を無視してたちさればひき逃げですね。

>あるのでしたら次からそれを踏まえて渡ろうと思います。 身を守る面からは、停まらない前提がベストです 法律的には、停まれる停まれないもなにも、車は停まらないと違法ですね。 とつぜん、死角から道路にとびでたとかでないなら、歩行者はなにもわるくないです。

1

横断歩道じゃこらっ!って言ってやりましょう♪

1人がナイス!しています

0

そうですね、それを踏まえて渡ってください。

ID非公開

質問者

2021/4/11 19:38

何秒ですか?

0

ブレーキの効きはじめのラグは自転車と変わりないですけど、車体が重たい分だけ制動距離が長くなってしまいます。 したがって、自転車しか乗ったことが無いのでしたら、「この距離なら確実に車は横断歩道の手前で止まれると確信していた」という判断にミスがなかったとは言えないでしょう。 それでも、今回の件は、一方的にドライバーに非があると思います。 あなたがどうやって横断歩道を渡ったのか書かれていませんけど、徒歩であれば、ドライバーは横断歩道に歩行者が見えたら停止して渡らせることが義務となっています。 自転車に乗ったまま待っているときは若干問題になるかも知れませんけど、それも歩行者として考えるべきだとは思います。 ただ、事故になったら痛い思いをするのはあなたですし、可能なら距離は十分に取ることです。 カタログ上では、時速40kmでブレーキを踏むと13~14m位の制動距離になるのですけど、ドライバーが足をペダルに乗せて踏み込むまでのタイムラグがあります。 空走距離というのですけど、ドライバーによってばらつきがあるのですけど、全部ひっくるめて速度と同じ距離なんて言う言い方をすることもあります。 時速40kmなら、40mという事です。 普通の乗用車が、8~10台分位と考えておくといいでしょう。

0

横断歩道を徐行でない自転車が一時停止せずに通ると車の方は止まれても運転手はびっくりしますけど、そういう状況だったりしますかね。じゃなければただの確認不足でしょう。