古代の関東においては農業は存在したのですか?また豚や馬は日常的に飼育されていたのですか?

日本史14閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しくありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:4/18 0:40

その他の回答(1件)

1

「核ゲノム」を使って計算する方法は、日本では「2008年」に理化学研究所が行い発表しました。 ↓「1人あたり約14万個所のDNA塩基多型を用いて日本人の集団構造を解明(2008年 理研)」 https://www.ims.riken.jp/pdf/20080926_1.pdf#search='1%E4%BA%BA%E3%81%82%E3%81%9F%E3%82%8A%E7%B4%8414%E4%B8%87%E5%80%8B%E6%89%80%E3%81%AEDNA%E5%A1%A9%E5%9F%BA%E5%A4%9A%E5%9E%8B%E3%82%92%E7%94%A8%E3%81%84%E3%81%A6%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AE%E9%9B%86%E5%9B%A3%E6%A7%8B%E9%80%A0%E3%82%92%E8%A7%A3%E6%98%8E%EF%BC%882008%E5%B9%B4+%E7%90%86%E7%A0%94%EF%BC%89' ↑「ヒトゲノム中のSNP(単一塩基多型)による要素分析」は、実際の核DNAを使用し、ゲノム全体をカバーする1塩基多型(SNP)を使った解析です。ほとんどの日本人は「本土クラスター」「琉球クラスター」に入り、中国クラスタから離れる。僅かだが地域差あり。 ↓以下の方法で、スーパーコンピューターを使って演算計算を行います。 ①個人からなるべくたくさんの SNP の遺伝子型を数値化 ②人数×SNP 数の総データを作る ③次に、統計解析のために数値を標準化する ④そして、個人対個人の総当りの、遺伝子型の相関の度合いのデータを得る ⑤主成分分析により個人間のばらつきを最大にする軸をきめ、上位の軸(例えば、第1成分と第2成分)でプロットを作成する ⑥第1成分の軸は、個人間のばらつき最大になるように選ばれている。第2成分の軸は、個人間のばらつきが次に大きくなるように選ばれている ----- ↓2017年に東北大学がデータベース化を開始しました。 ↓日本人3,554人分の全ゲノムリファレンスパネルを作成(東北大学 2017年7月18日) https://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press20170718_05web.pdf ↑日本列島内の地域集団の微細な違いは確認されるものの、他のアジア集団のゲノム情報とは、大きく、かつ明確に異なる日本列島出身者としてのまとまりが検出されました。 朝日新聞デジタル 2020年12月10日 11時00分 https://www.asahi.com/articles/ASND963DZNBZULBJ012.html 2020/12/10 23:49 https://note.com/xanqo_10post_jgo/n/n2bc427adacfd 科学誌コミュニケーションズ・バイオロジー https://www.nature.com/articles/s42003-020-01162-2 愛知県田原市の遺跡で見つかった「縄文人」とされる人骨から抽出したDNAの塩基配列を詳しく解析したところ、アフリカからアジア東部に到達したホモ・サピエンスの集団の中でも最古級の系統に属することがわかったと、金沢大や東京大のグループが報告した。日本列島人の成り立ちを探るための新たな手がかりとして注目される。 DNAを調べたのは、伊川津(いかわづ)貝塚遺跡から出た人骨(約2500年前)。年代的には、約3千年前から始まるとされる弥生時代にあたるが、縄文晩期の土器が発掘されており、グループは「縄文人」とみなしている。 アフリカで約20万年前に誕生したホモ・サピエンスは、4万~5万年前にアジア東部へ到達し、日本列島には3万5千年前ごろにやってきた。この時期の人類の遺物はヒマラヤ山脈の北側でも南側でも見つかっており、どのルートを通って日本列島に達したかははっきりしていない。 グループは、伊川津人骨のDNA情報をアジア東部のさまざまな人類集団や古人骨と比較し、その関係を示す系統樹を描いた。すると、現代の東アジア人などよりも、ヒマラヤの南側を通った集団の指標となるラオスの遺跡の人骨(約8千年前)に近く、ホモ・サピエンスがアジア東部や日本列島に到達した時期に近い4万~2万6千年前に分岐したと考えられた。国立科学博物館などが昨年DNA配列を公表した、北海道礼文島の船泊遺跡の縄文人骨(約3800年前)とも近い関係にあった。 一方、北側を通った集団の指標となるロシア・シベリアのマルタ人骨(約2万5千年前)は、伊川津人骨や現代の東アジア人などとは遠い関係だった。ロシア極東地方の北東アジア人やベーリング海峡を渡ったアメリカ先住民にはマルタ人骨からの遺伝的な影響が認められたが、伊川津人骨では認められなかった。 グループの覚張(がくはり)隆史・金沢大助教は「伊川津の縄文人は、非常に古い時代に南側ルートでアジア東部へ入ってきた人類集団の直接の子孫にあたる。その形成には、北側ルートを通った集団の影響を受けなかった可能性が高い」と話す。 伊川津人骨の祖先となった人々が、初めて日本列島へやって来たのがいつだったかは、まだよく分からない。また今回の1個体の検討結果だけで、北側ルートの遺伝的影響を完全に否定できるものではない。 このためグループは、伊川津貝塚遺跡から出た他の人骨や、千葉県の遺跡から出た人骨などのゲノム解読に着手している。科博のグループも、北海道や東北などで見つかった古人骨の分析を別途進めている。 日本列島に初めて定着した人類集団の姿を明らかにすることは、日本人の形成過程を探る上で欠かせない。太田博樹・東大教授は「伊川津人骨の分析から、アジア東部で他の人類集団と交ざることなく、1万5千~1万2千年間くらい孤立していた縄文人のイメージが浮かんできた。これが妥当かどうかは、より多くの縄文人のゲノムを調べ、その違いを見ることで分かってくる」と研究の進展に期待を込める。

画像

1人がナイス!しています