ID非公開

2021/4/12 8:29

88回答

どうして同じ気温なのに春の20度と秋の20度は感じ方が違うのですか?

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

考えれば解る事だけど納得するまで考え無いと気が済まないので。皆様方ありがとうございます。

お礼日時:4/17 13:55

その他の回答(7件)

1

春はそれまで寒かったので暖かく感じる。 秋はそれまで暑かったので涼しく感じる。 それだけやろ。

1人がナイス!しています

1

寒い冬からだんだん暖かくなった時の20℃と、夏場の35℃以上の気温を 体験してからの20℃ですと感じ方は違いますね。 今年も桜が咲くまでは暖かくなっていたのにこの数日は少し気温が下がって 寒く感じますが、それ程気温が下がっている訳では有りません。

1人がナイス!しています

1

「我々が感じる温度」は単純な「気温」だけでなく「湿度」や「季節感による期待値」等が含まれるふくざつな「感覚」です。 「これから温かくなるぞと期待している時の温度」と「これから寒くなっていくなと思っている時の温度」には心理学的な差が生じます。 物理量としての「気温・湿度」だけでなく「心理学的要素」も加わったり個人差があったり…難しいですね。

1人がナイス!しています

1

同じ気温の20℃でも春の20度と秋の20度は感じ方が違うのは、春は冬が過ぎ気温が上がってくるときなので暖かく感じ、秋は夏の暑さから寒さに向かうので寒く感じると思います。 人間の感覚って微妙に違うものですね。

1人がナイス!しています

0

単純に考えて湿度や気候の違いなど様々な要因がありますよ。単に気温だけが体感温度に影響を与えると思って生活なされてるのなら天気予報のみかたを変えた方がいいと思います。