物損の交通事故。甲は任意保険加入で保険屋が対応する。乙は未加入の場合、誰が対応するのですか。乙自身がするのでしょうか。

交通事故34閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

保険に入っていない人は、自分自身で対応するか、保険に入っていなくても修理工場などに知り合いがいれば、そういう人に相談して処理をします 保険に入らないような人なので、普通はお金がなく、弁護士に頼むということは少ないと思います それから、ここが困る所なんですが 保険屋対個人で、有利に話を進めたとしても、相手がお金がない個人だと、金無い、払えない、安くならないか、代車は使わないでほしい、修理するなら知り合いの工場でやらせてくれ、そこなら分割が利く ディーラーは高い、ディーラーで直すなら払えない そういう流れになる可能性も十分ある

0

自動車保険で一番重要な補償は車両保険、その車両保険がなく過失が決まらない場合は確実にもめるか長引きます、修理工場も手を付けません 逆に車両保険があれば相手が無保険でも全く困りません

0

乙自身が対応することになります。あとはお金を支払って弁護士に依頼するかです。 過失割合は保険が決めるというのは半分正解で半分間違いです。本来過失割合を決める権限があるのは裁判所のみです。裁判しない場合双方の合意があれば成立します。 通常はお互いの任意保険会社が事故状況などから過失割合を判断し本人も含めてお互いこれでいいと合意できれば成立で本人にしても保険の言うことならと合意することも多いというだけです。 今回でいうなら乙は保険未加入なので弁護士に依頼しないなら本人と保険との交渉で甲本人も含め甲、甲の任意保険会社、乙全てこの過失割合で問題ないと合意できれば過失割合の成立です。誰か1人でも合意できないというなら成立はしないので成立するまで話し合いをするか裁判して裁判所に判断してもらうかになります。