野球で打率の低いホームランの無さそうな打者を打順二番に置くのって何か意味あるんでしょうか?

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

1

バント、進塁打がうまければ意味はありますよ。 当たり前ですが、全員が打てる打者なら2番に強打者を置けばよいのですが、そうでなければ、全体で機能する打順を模索する必要があります。 1番が出塁率が高ければ、送ってチャンスを作るのもありです。ただし、あまりに打率や出塁率が低すぎると駄目ですね。 巨人の藤田監督時代に川相さんが送る2番として典型的だったと思いますが、打率.250はありましたし、出塁率も3割以上は絶対ありましたので、最低これぐらいは必要でしょう。

1人がナイス!しています

0

現在は大谷選手もDHで2番ですよ。 野球も道具や体格、筋トレなどなど進化しているので、考え方は変わってきています。 スモールベースボールと日本は言ってますが、それは対MLBで、評価というか人気が落ちないようにとの戦略だと思います。

0

バントや進塁打などがうまければ攻撃人数、総得点が増殖し激増していく。 この数年の西武ライオンズがこのパターン ただ、うまく機能しなければ2番で打線が切れて得点できなくなる。 メジャーでも2番に最強打者を置くチームが爆走する時もあるが、一切機能しなくなっている事例も非常に多い。 一長一短としか言いようがない。

0

1番が出塁したら2番は送りバントや進塁打で進めて、3番や4番で点を取るのがオーソドックスなスタイル。 最近は2番に強打者を置くスタイルが一部ではやっているが元々2番打者は曲者や小技使いが多い。