ID非公開

2021/4/13 1:58

66回答

戦車の技術ってやっぱりドイツが高いんですか?

ミリタリー32閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

技術が凄いか?と実用したか?は別問題です。 例えばパンターの初期型がよく炎上事故を起こしたのはエンジンのガスケットシールが無かったからだし。 サスペンションは完全に設計ミスで、連結部に応力が集中して上手く機能しないのは、現在の(良く勉強している)工業高校生にも予測出来る。 (実際、応力集中で壊れないようにするための補強に追われ、パンター2は当たり前のトーションバーに替えるつもりだが。機械工学の知識が無い人がスゴい技術と勘違い発言を繰り返すのが恒例。)

0

生産能力こそ維持していますが、新規開発が途絶えているため、その技術を取り戻すには多大なコストが掛かる状態です。

0

WW2の頃ならドイツはかなり物で、戦後もレオパルト1、2と名戦車を送り出していますが最近はレオ2の改修だけで新型戦車の開発を行っておらずパッとしない。 軍縮による予算不足で戦車の稼働数は68両(保有数は224両)まで落ち込んでおり、陸自より少ない。 対してロシアは新型のT-14をデビューさせていたりと相変わらず凄い。 西側諸国は米のM1A3計画もどうなったのやらで結局M1A2C改修で済ませるようだし戦車開発力の低下が酷い。 かろうじて日本は10式を11年前に開発しているが他国は散々な有様。

2

第二次世界大戦中の戦車開発に関しては、ドイツとソ連のシーソーゲームみたいな感じでしたね。 今でもドイツのレオパルド2A7が世界の戦車の中で最強と見られています。

2人がナイス!しています

1

漠然とはしてますがその認識で相違ないと思います。あとソ連も中々でした。

1人がナイス!しています