回答受付が終了しました

ID非公開

2021/4/13 13:02

55回答

太陽系からある日突然、太陽がなくなった場合、地球や火星、土星といった惑星は、木星の周りを公転するようになるのですか?

回答(5件)

0

あり得ない、仮定の話っスね。 太陽が、突然消えてなくなったら、太陽系の惑星は散り散りバラバラに飛んでいくっス。 太陽と地球の関係は、ハンマー投げの選手とその周囲を回る鉄球のようなものっス。太陽の重力がワイヤーとして地球を繋いだまま、回転(公転)している状態っス。太陽が消えると、選手とその腕、ワイヤーがすべて消え、回っていた鉄球は勢いよく飛んでいくっス。木星も土星も遠すぎて重力の相互作用はできずに、皆バラバラの方向に飛んでいくっス。 ただ、月だけは、地球の重力の影響下にある衛星なので、地球と一緒に飛んでいくっス。その際、地球の飛ぶスピードが速すぎて、現在のバランスが崩れ、徐々に地球から離れていき、やがてお互いバラバラになるっスけど、しばらくの間は地球に引っ張られたままついてくるっス。

0

太陽が突然なくなったら、惑星が公転している向きで直線で飛び出て行くと思います。 その途中に偶然飛び出て来た外の惑星と交差するような事が起こったら、互いで回り合うかもしれません。 大きさが違い過ぎると、木星と地球のようであれば、地球が木星の周りを公転する事になるかもしれません。 それでなければ、それぞれの惑星は公転していた位置から直線になって遠くまで果て無く進んで行くと思います。 ところで私の思いですが、惑星の公転には大疑問があった筈なのに、殆ど誰もと言っていい程疑問してません。 今の科学では大量に浮いていた物質が集まって来て、中心に太陽周りに惑星が出たとされているのですが、これで惑星や太陽(恒星)が回転になったのでしょうか? 宇宙に浮いていると自然に全体で回転していたと、宇宙の学者は考えているようです。 しかし物質は全体で上下左右前後と集まって来るのでは、球体になりそうです。 恒星では確かに球体なので、これでいいのですが、惑星の固体では球形です。 しかし公転の軌道では、どうでしょうか。 惑星も集まって来る時上下左右前後と来ます。 そして恒星を囲むように集まって来るので、軌道が平らな面になりそうもありません。 恒星の周りにこれを取り囲むように、離れてた位置の軌道に存在出来るでしょうか? 全体の惑星が全て恒星の重い重力に引かれるだけで、もっと大きな恒星になりそうです。 そして全体が集まって来るのは全体の周りから来るので、回転さえ起きそうもないようです。 これ程大きな疑問にありながら、太陽を中心に惑星が公転になっています。 ところで惑星の自転が起こったのは、これが集まって来る時に回転し始めていた事になったいますが、これも上で述べたように怪しいのです。 全ての方角から物質が来たからです。 それで私はこの疑問を解決する為に、新たに太陽(恒星)が出来た理由を考えて回答しているので載せてみます。 今の科学で言っている宇宙観を否定しているので、説明の為に長くなってます。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14227774769 上を辿ると1987Aと言うのが出ないのですが、それは下を入れ替えて下さい。 https://hubblesite.org/contents/media/images/1995/49/374-Image.html

0

他の回答にもあるように、地球の公転速度が木星からの脱出速度を上回っているので、公転することがありません。 しかし、ちょうどよいタイミングで太陽がなくなれば、地球を木星に近づけるようなコースにもってくることもできます。そしてもし、地球が木星のロッシュ限界内にはいれば、地球はバラバラに砕けて、その破片が木星の周りを輪となって回ることになるでしょう。地球の形はなくなりますが、元地球の構成物質は、木星の周りを公転することになります。

0

すでに回答されてるとおり、太陽の重力で維持していた地球の公転速度を、木星程度の質量で捕捉できるとは思えません。 地球と太陽との距離は499光秒。木星とは最も接近しても1800光秒程度あるので、3倍以上離れてます。仮に、木星と太陽とが同じ質量だとしても、同じ速度で距離が遠ければ公転を維持できずにどんどん離れていきます。相手が太陽ではなく木星の場合の第三宇宙速度を超えていると考えます。

3

木星は質量が、太陽の千分の一しかありません。 確かなことはわかりませんが、おそらく地球や火星などの惑星は太陽を公転していたままの勢いでどこかへ飛んでいってしまうのではないかと思います。

3人がナイス!しています