ID非公開

2021/4/14 11:31

1111回答

GB 350で日本生産になったのは運送費を安く済ませるためとの回答が多くありましたが、自分はバイクを全バラして発送したことがありますが、バラした方が梱包する必要もあってが嵩張って仕方なかったので、組立状態で

バイク96閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうござます。 日本のユーザーに対する品質追求と国内の生産量確保が理由なんでしょうね。

お礼日時:4/21 7:33

その他の回答(10件)

0

箱に入るだけ別パーツを詰め込むのと、同じパーツを何百もまとめて送るのって、どっちがかさばると思う? 梱包だって組んだのばらして梱包よりも出荷時の梱包のままだから手間もないし、全てのパーツが同一国で生産ってことはないでしょー

0

日本のバイク産業が崩壊しかかっているからです。 既に回答が出てますが、 GB350は、インドで作られたパーツを、 日本に輸入して組み立てて販売する、 ノックダウン生産が採用されてます。 ノックダウン生産は、 人件費が高くても、精度の高いパーツを生産できる国から、 部品を輸出して、 人件費の安い国で組み立てる事で、 税金(関税)を下げたり、安価で販売できるようにする、 生産方法ですが、 今、日本ではバイクが売れず、 ホンダが抱える、バイク工場では、 仕事が無くて、次々と閉鎖されてます。 ホンダは、そんな工場に仕事を回す為に、 インドから部品を購入して、 日本の工場で生産させているんです。 GB350を安く売るとか、 精度の高い工場で生産するとか、 そんな事は関係ありません。 ホンダ熊本工場の従業員の生活を守るために、 インドで売って儲けた利益を使って、 日本の工場に「仕事」を配給しているんです。

0

ノックダウン生産は普通、人件費を安く抑えるために、先進国から発展途上国に部品を送って組み立てをする事だけど、今回は人件費の安い国から高い国に送ると言う反対の事をしてます。日本国内生産は精度の点でまだインドを凌駕していたり、少しはインドよりも信頼の高い国内生産部品を使う事で、ブランドに対する信頼度を高めたのだと思います。 運送費はどうですかね。

0

部品って一個一個梱包するんじゃないんですよ ある程度の大きさのボックスに、専用の型で作られたクッションでみっちり入れられますんでかさばることはないです

3

1台だけならそうでしょうけど 100台1000台単位になると、完成状態よりも ある程度パートごとに分けた方が効率いいでしょう 単純に 日本仕様の部品は日本でつくってるから それ輸出してアッチで組込するより こっちに半完成で持ってきて組み立てた方が コスト抑えられるからじゃないですか

3人がナイス!しています