ID非公開

2021/4/15 6:34

22回答

アメリカ、LAX内のPCRテストサイトで検査して、日本向けの飛行機に無事乗れた方いますか?

飛行機、空港 | 海外28閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

私がお願いしている日本人ドクターのところでは、とりあえず自分の医療保険情報を提出しています。保険でカバーできなければとりあえず全額負担しますが、仕事なので、私の自己負担はありません。 同様にアメリカに戻る際にも出発空港での検査が今の所は必要ですね、今回は私は自己負担はないですが、それでも高すぎますね、、なかなかやっかいです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

何とか日本が要求する記載内容と全て一致する結果を出すテスト機関を見つけました。そこはウェブ上でも、「日本に旅行する方」と言う項目があり、自分でメールで問い合わせるとすぐに返信ももらえたので信用出来ると思います。まず驚きは、日本のアナログ証明書にも全て記入して、原本証明書と2部証明書を準備してくださると言うことです。何十件も問い合わせ、唯一同じ州内でここだけです。良かった!!

お礼日時:4/19 10:52

その他の回答(1件)

0

nasal swabか Nasopharyngeal swabの違いはさほど問題ないと思いますが、それ以前に、なぜかrealtime RT-PCR検査でないといけないと書いてあります。 Standard PCR testでは基準を満たさないはずですが?? そっちの確認のほうが大事かと。 https://www.sf.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/anzen_21_0108.html ア.核酸増幅検査 (real time RT-PCR法) Nucleic acid amplification test (real time RT-PCR) イ.核酸増幅検査 (LAMP法) Nucleic acid amplification test (LAMP) ウ.抗原定量検査 Quantitative antigen test (CLEIA)

ID非公開

質問者2021/4/15 11:03

回答ありがとうございます。 Nasal swab と Nasopharyngeal swabは採取する場所が全然違うので、日本では nasopharyngeal swab のみと厳しく指定しています。 頂いたリンク先にも 3) 提出する検査証明において認められている採取検体は以下のいずれかになりますので、検査を受ける際に確認してください。(日本政府が指定する検査証明のフォーマット内に検査法も明記されています。) ア.鼻咽頭ぬぐい液: Nasopharyngeal swab イ.唾液: Saliva この ア) か イ) のどちらかで、私が調べたところ唾液による検査は、アメリカではまだ聞いたことがないです。