ID非公開

2021/4/15 13:59

66回答

リストラとは、経営者を守るためですか?

職場の悩み | 退職39閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

その他の回答(5件)

0

経営者を守るためと言うよりは、会社を存続させるためですね。リストラを敢行するような状況では経営者が率先して辞任するケースも多いですよ。

ID非公開

質問者

2021/4/16 20:45

同族会社では、そうは、ならないですね。 ご教示下さい。

0

リストラについては、次のように定義されています。 参考文献は、下のURLで詳細を見てね! 会社の経営悪化により、人員整理を行うための解雇を 「整理解雇」といいます。 リストラと呼ばれることもあります。 整理解雇が有効か無効かは、以下の4つの要素から判断される こととなります。 会社を維持するために人員整理を行う客観的な必要性があること 会社が解雇を回避するための努力を行ったこと 解雇の対象となる人選の基準が合理的に行われていること 労働者と雇用主の間で事前に十分な協議、説明を行ったこと 逆に言えば、整理解雇を表向きの理由にしながら、雇用主が 気に食わない従業員だけを解雇しようとしたような場合は、 解雇は無効となります。整理解雇を行っておきながら、直後 に同じ部署の人材を採用したような場合も解雇は無効でしょう。 参考文献! https://feature-job.yahoo.co.jp/contents/lawguide/firing/%E8%A7%A3%E9%9B%87%E3%81%AE%E7%A8%AE%E9%A1%9E.html?utm_source=yahoosearch&utm_medium=shortcut&utm_campaign=lawquery

要は、リストラは、従業員を守るためにあるといって いいでしょう! 単に首を切る!ということとは意味が違うのです。 上記のとおり4つの条件が大前提です!

0

うん 守るべきは会社組織です。 経営者氏が経営者というだけの理由で守られることは あるべきコトではありませんし 会社を護る為に経営者や幹部職員の引責辞任もありますし 従業員も減らさざるを得ないケースもあるでしょう

ID非公開

質問者

2021/4/18 12:05

ようは、人件費の高いものをやめさせて、人件費を安い人を採用する。 そうすれば、会社は、儲かるということですね、 どう思いますか? ご教示下さい。

1

経営者を守るためではなく、会社と従業員を守る為です。 リストラというのは、会社に利益をもたらす社員以外を解雇する手段なのです。。 勤続年数、過去の栄光は関係なく、近年で実績のある社員以外から選びます。 経営者も好きでリストラするわけではないし、対象者が嫌いだからリストラするわけではないです。 経営者にもよりますが。。。 私の会社では、私が経営者ですので自分の給与を半分以下にし、賞与は無しにします。 リストラするなら高給なのに働かない役職者からですね。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/4/18 12:05

ようは、人件費の高いものをやめさせて、人件費を安い人を採用する。 そうすれば、会社は、儲かるということですね、 どう思いますか? ご教示下さい。

1

リストラとは本来首切りの意味ではありません。 守るのは会社です。そのためには経営者もクビに なることもありますよ。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2021/4/16 8:43

同族会社では、そうは、ならないと思います。 どう思いますか? ご教示下さい。、