ID非公開

2021/4/15 16:03

1919回答

日本カメラも休刊だそうですが、もうカメラ雑誌はダメなのでしょうか

補足

カメラ雑誌で最後まで生き残るのがCAPAになるとは、夢にも思いませんでした。

デジタル一眼レフ | フィルムカメラ494閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/4/15 17:47

やっぱりキヤノンは悪の化身ですね(笑)

その他の回答(18件)

0

中学高校生を読者対象としていた「月刊・カメラマン」が次号予告を出しながら、休刊。 中高年を読者対象にしてきた「アサヒカメラ」「日本カメラ」が、休刊。 中高校生と中高年のあいだを埋める、ポートレートに特化した「フォトテクニック・デジタル」 最近は、コスプレ撮影奨励雑誌になってしまっている。 次号予告を書けない雑誌になっている。 次は「フォトテクニック・デジタル」が休刊かなぁ〜?♪

3

暮しの手帖みたいに、広告なしで真実をぶった斬る雑誌作れば良いんだ。 家電メーカーのせいで、自社の提灯記事ばっかりの雑誌に広告費を注ぎ込む図式になったから、まともな雑誌が衰退した。 あとはAmazonの台頭でで小売店がジリ貧になって広告が載せられなくなったんだろうな。 いずれにしても暮しの手帖方式で広告に頼らない雑誌を作るのが本当はユーザーにとって一番有益なんだ。

3人がナイス!しています

2

最近は、雑誌に出ている事はかなりネットで出ているし、カメラやレンズのテストを行って公開している海外のサイトがいくつもあるので、カメラの購入判断のために雑誌を買う必要性が低下したから売れなくなってしまったのではないでしょうか。 尚、私もAIの力や自作レンズ(?)のサポートで、コンデジやm4/3がどこまでブログ用に使えるのかテストして、 https://himajinnohimana.blog.fc2.com/blog-category-11.html で公表していますので、宜しければ見てください。

2人がナイス!しています

3

カメラを使うユーザーが低下しています。撮れれば良い時代です。勉強する気が無いです。

3人がナイス!しています