ID非公開

2021/4/15 18:22

77回答

アコースティックギターのボディートップの膨らみについて

画像

ギター、ベース65閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/4/17 11:20

許容範囲だと知れて安心しました ありがとうございます!

その他の回答(6件)

0

ハイフレットの弦高が高い場合は様々な要因が考えられます。 トップの膨らみ、ネックの元起き、ネックの順反り、サドルが高いなど。 価格の安いギターの場合は、検品の通過率を上げる為に弦高を上げている場合があります。 サドルとナットがダメでハイフレットの弦高が高くなってるケースもままあります。 また、総合調整は概ね1万円前後です。 それだけのお金を掛ける価値のあるギターなら調整する方がいいですが、そうでもない価格で手に入れたなら諦めてほかの楽器に持ち替えて見ましょう。

ID非公開

質問者2021/4/17 11:18

ありがとうございます! 今後も使用していきたいので調整しようと思います

0

自宅の壁に「穴」が開いているんだよ。 そこから湿気がドバドバ侵入し、逆に冬は乾燥原因。 結果、変形が進行 その悪見本 ↓

画像

それから ↓ 私はMartin custom order 000-14 F Body Shape with Italian Alpine Top and East Indian Rosewood Back and Sides golden eraで本社にて材質も自分で選んだ物を使用してます。良い経験したし勿論最高ですよ ーーーーーー と吹聴していたが実態は「写真の木目」を糊付けしただけのインチキ表板。 =なんちゃって自称単板だった(プリント合板なっ、藁) 糊付けの不良箇所から湿気が侵入してしまい、結果として変形 糞ギターの断末魔

画像
0

>弦高は6弦12フレットで3.5mm程です。 ネックの元起でしょう。 普通2.5ミリ程度ですからね。 例えサドルを削ってもネックの角度の問題なので弦高はあまり下がらないですね。 単板なら弦を緩めるより湿度管理です。 木材が水分を含んで膨張するからトップが膨らむのでね。 まぁ試しにサドルを2ミリほど削ってみたら良いでしょう。

あらら、倒産型】負ェラ徹キリストさん事久保じゅんさん またですか? この前こういう質問をすると、すぐに「ダイスさんが羨ましいんだろう」と言う返信が付きます。 >ああ、、嫉妬心が見事に透けて見えているねえ(藁)。 と回答してましたよね。 本当にお前さん自体、嫉妬心が見事に透けて見えてますね。 自分のギター早く投稿しなよ。 拾い画像じゃなくね。 こんな腐ったHeadwayじゃなく素晴らしいギターを所有してるのでしょうからね。皆が嫉妬する様な???

画像
0

それなりに時間が経つとある程度は膨らみます。 そしてある程度のところで止まってそのままなので心配はいらないです。 内部でブレイシングが剥がれたりといった故障が出るレベルだとそもそも異常なのでリペア等が必要ですが…。

ID非公開

質問者2021/4/17 11:19

そうなんですね! ありがとうございます。

1

この位、全然平気です。 リペアに持って行くと、総合的に見て対応してもらえます。 弦は、緩めたほうが良いです。 緩めても、膨らみがちなギターもあります。 湿度にも気をつけてください。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/4/17 11:22

はい、湿気には十分注意しようと思います ありがとうございました!