福島第一原子力発電所で貯まり続けている水は、『トリチウム汚染水』なのになぜに『処理水』と言った誤った認識を、

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます。

お礼日時:4/20 21:15

その他の回答(6件)

3

ALPSという浄化装置を使って再処理したうえで海洋放出することが決まっています。処理水に含まれるのは水素の一種であるトリチウムです。過去数十年間世界の発電所から同じような処理水が海に流されていますが何も問題は起きていません。 そもそもですがトリチウムは自然にできる元素です。海水にも大量に含まれていますし雨水や水道水にも含まれています。量が少なければ何も問題は起きていません。 トリチウムの基本的な知識についてはこのまとめが分かりやすいです。 https://www.denkishimbun.com/tritium_qa/

3人がナイス!しています

水素の一種では無く、最悪の猛毒核種がトリチウムなんだよ。 自然にトリチウムが在るとは可笑しい事で、アメリカが核開発のための核実験を始めて、原爆が投下されて、そんでもってアイゼンハワーの『核の平和利用』と称する演説でここ数十年間でトリチウムが人為的に生成され垂れ流されてるんだよ。 量が少ないから何も問題が起きていないとは笑止で、世界の原子力施設のトリチウムが大量に流出した周辺は、癌や白血病、心筋梗塞などなど、トリチウムで内部被曝すれば健康被害が顕著に現れている事は否定の余地は無いんだよ。 そんなURLなんか貼っても無意味で、こんなのに騙されるのはバ○としか思えない。。。

4

原発の冷却に使った水はALPSで放射性物質を除去するがトリチュウムだけが残ります、このトリチュウムは今の科学で取り除くことはできません、この物質は自然界に普段に存在するもので人体への影響はないというのが現在の科学的知見です。このために世界的に見ても汚染水をALPSで処理した水(処理水)を海洋へ放流しているのが実態です。放流している主な国はイギリス、フランス、中国、韓国、米国など原発国では常識です。中韓ではなぜ日本の処理水だけを問題にするのか、答えは簡単です、外交上、日本に対してマウントを取りたいための難癖をつけているのです。君も奴らの側に立って反日を煽るようなことは慎むべきです。

4人がナイス!しています

『トリチウム汚染水』は、いくら希釈しても真水では無いので、『処理水』とは言え無いんだよ。 トリチウムを完全に除去してこそ『処理水』と言えるが、その方法はすでに3年近く前に発表されているのだが! 『処理水』と言うウソを垂れ流す方が反日で、日本の海を護る方が親日で、政府が間違った事を行おうとすれば全力で阻止するのが『愛国者』と言う事なんだよ。 反日を煽っているのは、『トリチウム汚染水』を『処理水』と言い張って、日本の海をトリチウム汚染させようと企てている連中の事を言うんだよ。

2

その何倍の濃度を日本以外の海外の原発は、放流しているそうですね。デモされても外国に何言われても沈黙するようにすること。と、決まってるみたい。誰か骨ある報道が、「汚染水を処理綺麗にし過ぎ、税金無駄遣いいい加減にしろ」っしないことになってるわけですね。不思議な国ですね〜。なんでかな?

2人がナイス!しています