その他の回答(2件)

0

可愛くて、演技も上手くて、歌も素晴らしいのに、大人気になる事はなかったと思います。 キャピキャピしたアイドルっぽくなくて、大人びた雰囲気でしたが、分かる人にはその実力が分かっていたと思いますよ。

0

アイドルとしての人気は、いま一つだったと言う感じです。 それを象徴していたのが、1990年4月に、大阪城ホールで開催された、小川範子さん、酒井法子さんのミニライヴで、小川範子さんの時は、観客の入りもまばらだったのに対し、酒井法子さんになってから、ぐっと観客数が増えました。 しかし、89年放送の、同タイトルの昼ドラ主題歌「夏色の天使」は、名曲です。 「夏色の天使」 https://www.youtube.com/watch?v=Tw3sE7-vvY0 48Gの曲を多く手掛けられた、井上ヨシマサさんの作曲。作詞は、渡辺美里さんの「My Revolution」の、川村真澄さんです。 48Gの大半が生まれていない、89年リリースの曲です。