鎌倉幕府ができたとき、なぜ天皇たちは反対しなかったのですか?

日本史25閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

1

鎌倉幕府というのは、武士による地方の実効支配と、そのシステムを管理する武家政権を許容するということ。従って後白河法皇は地頭の設置は認めたものの、征夷大将軍の任官は徹底抗戦で認めなかった。数年間の抵抗ののち、ようやく頼朝が征夷大将軍として幕府を開くことを許容した。武力を結集できる武家に際し、権威だけで抵抗したのだからまあずいぶん頑張ったと言って良い。

1人がナイス!しています

1

頼朝を担ぐ鎌倉武士団が、やがて朝廷を凌駕するような勢力になるとは想像だにしていなかったからです。

1人がナイス!しています

1

実力を持っているのは武家なので、彼らを制御しようとすればある程度希望の官職を与えるしかありませんでしたし、それほど力を持つようになるとは思ってみなかったのでしょう。 少なくとも後白河法皇が死ぬまでは征夷大将軍は与えられませんでした。

1人がナイス!しています

0

「幕府」という概念が無いからです。 普通に貴族が持っている家政機関を頼朝が整えただけですから。 そもそも、パッと一夜にして頼朝が「幕府」を作ったものではなく、東国を実効支配していた「謀反人」頼朝と後白河が交渉して、頼朝の東国での既得権益を認める代わりに責任を持って税を納めさせる「寿永の宣旨」。義経に頼朝追討の院宣を出したことをネタに恫喝して守護地頭の設置を認めさせた「文治の勅許」など、段階を踏んで頼朝は権限を獲得したのです。 「征夷大将軍」なんて、なんの権限もない空疎な官職には、頼朝は無関心。頼朝の死後に、頼朝の正統な後継者の象徴的な官職になっただけです。