ふるさと納税について

補足

ふるさと納税は 副業でどれだけ稼いだか正確に計算していなかったので 会社の収入のみでネットを参考にし その金額分、を納税してしまっています。 ですので、会社の税金から割り引かれないと 全額損してることになってしまうな。とおもい 質問させていただいた背景です。

税金27閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

0

なるほど!! ふるさと納税についてわかった気がします、、! 例えば、 ふるさと納税額5万 独身、年収400万としたら (50,000円-2000円)×所得税率0.2=9600円 この9600円がすでに会社に源泉徴収されているため、 国?県?から還付される。 さらに 50,000-2000-9600=38,400円 34800円が住民税の減額となるため 34800円以下しか住民税を払う予定がない場合は損?していて、 60,000円くらい払う予定の人は もう少しふるさと納税できたね〜ってことですかね!! ※住民税額については適当に言ってます

ThanksImg質問者からのお礼コメント

非常にわかりやすく勉強になりました! ありがとうございました!!、

お礼日時:4/23 1:21

その他の回答(1件)

0

なんか色々と勘違いしてるけど先ずふるさと納税は所得により控除が適応されるだけで課税額からそのままの金額は控除されない。 基礎控除は合算しての控除なので一度きり。 副業の場合、事業所得なら青色申告控除は適応されるが収入なり投資なり事業と言えるか適正であるか等の根拠があって初めて成立する。 小遣い稼ぎ程度では雑所得となり青色申告控除は使えない。 損益通算する為に不当に青色申告する者がいる為に場合によって適正でないと判断されれば通知が来る。

この返信は削除されました