ID非公開

2021/4/17 18:11

44回答

女性で筋肉を落とさず脂肪だけ落とすダイエットってどんなのがありますか?

ダイエット32閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

どんなのもないですよ 人間は脂肪減=必ず筋量減それ以外に確認されたことがない 脂肪と筋量は両方増えるか減るのいずれか 病気とか不健康な食事なら脂肪だけ増はあります

0

ざっくりですが男性、女性共通して1.カロリーを抑えてアンダーカロリーの状態を維持する。これだけで体重は落ちますが脂肪と一緒に筋肉も落ちるので筋肉を維持するために2.たんぱく質をしっかり摂る、3.負荷の高い全身の筋トレをする。 以上ですが有酸素運動はやらなくていいわけじゃないです。優先順位としては低く消費カロリーの補助程度に考えてもらえればと言ったところです。

0

ランニングでダイエットをするコツは? ランニングは有酸素運動ですがちょっとハードな運動になってしまいます。 そのためどうしても辛くなりやめてしまうのですが、それではダイエットが成功してくれません。そこでどのようにするとランニングが続けられるのかを紹介します。 まずとても大事になるのが、おしゃべりできるぐらいのペースを維持することです。 ランニングをして痩せようとしている場合、激しい走りは全く必要としていなくて、脂肪燃焼が効率的にできる心拍数を保つことが大事です。 そしてもう一つ大事になるのが、いきなり長い距離をランニングしないことです。 20分以上にランニングが必要としていますが、しかしいきなり20分以上のランニングは体力的にも精神的にも辛いです。 なので徐々にならしていき最終的に20分以上走ったとしてもそこまで辛く無い状態を作ることがベストになります。 無理をすればするほど失敗してしまいますので、無理のない程度にしておくのが一番です。 効果的な時間は? ダイエットはただ単に運動していれば脂肪燃焼してくれて痩せるのではありません。 ある程度の時間運動していないと痩せてくれませんので、どのくらいの時間運動するのかが重要としています。ではランニングはどのくらいの時間おこなっていればダイエットが出来るのでしょうか。 ダイエット目的としているランニングは20分以上行うようにしてください。 脂肪燃焼し始めるのが20分以降としていて、そこから初めて脂肪の燃焼が始まってくれるため最低でも20分以上していないとあまり効果が期待できません。 ただかなり長くランニングしていれば良いというわけではありません。 長くランニングしているとその分膝に負担をかけてしまい怪我をする可能性がどんどんと高くなります。怪我をしない程度そして無理をしない程度にランニングをしていきましょう。 効果的な頻度は? ダイエットを目的としてランニングする方法は、毎日ランニングすれば良いと考えてしまいます。 しかしその方法は間違っていて、毎日していると筋肉疲労が多くなりそれが脂肪燃焼の妨げをします。なので毎日ではなく効率のよい頻度で行うのが一番です。 では効率のよい頻度はどのくらいなのかというと、週に3回や4回程度になります。 週に3回なら1日おきにすることができ、筋肉休めができるようになるので、筋肉疲労が起こりにくいです。 そして休みと運動が交互になることで精神的にも肉体的にも辛さが抑えられるので続けられるようになります。 これでも筋肉疲労が起こってしまい、それが怪我を招いてしまいますので、状況に応じて休みを入れることも大事になります。 夜?それとも朝? ダイエットだけでなく健康のためのランニングでも理想としているタイミングがあります。 では理想としているタイミングは夜なのかそれとも朝なのかというと、朝が理想的なタイミングになります。 ランニングもウォーキングもそうなのですが、脂肪燃焼だけでなく体内時計のリセットをすることが出来ます。 体内時計のリセットができることで、脳が目覚めてくれて体が動く状態を作り出してくれます。 これにより朝から元気に動けるようになりますし、脂肪燃焼も十分にしてくれるのでダイエットそして健康によいタイミングが朝になります。 ただ、絶対に朝にランニングをしなければいけないわけではありません。 夜でもしっかりと脂肪燃焼をしてくれますので、自分の生活リズムに合わせてランニングする方法が一番オススメできます。 食事のタイミングは? ダイエットをしている時に食事の管理は非常に重要としています。 食事だけでダイエットする場合と、ランニングをしてダイエットをしようとしている場合とでは、食事の方法が違っています。 そこを間違えてしまうと健康に影響がでてきますので注意してください。 ではランニングをしている時にどのような食事をすればよいのか、それは炭水化物やタンパク質を減らしすぎないようにすることです。 炭水化物は太る原因としているため、減らしてダイエットする方法がとても有名です。 しかし不必要というわけではなく、動くためにも炭水化物は必要としています。 ランニングはかなりエネルギーが必要としているので、炭水化物のエネルギーそしてタンパク質のエネルギーは絶対に必要です。 なので減らしすぎると20分以上走れなくなるためダイエット効果が得られない、そして体に異変がでてきてしまう可能性もあるので、控え過ぎないようにカロリーの管理をしていくようにしましょう。 ランニングマシンなら速度は? ランニングは天候に左右されてしまい、どうしても出来ない日が出来てしまいます。 そこで利用するのがランニングマシンなのですが、ランニングマシンは速度を決めて走ることが必要となります。ではダイエットのために良い速度はどのくらいなのでしょうか。 効率のよい速度なのが、7kmから速くても15km程度に設定してください。 早いよりも長く走れることが一番となりますので、これ以上遅くなってしまったとしても特に問題としていません。一番は長い時間続けることですので、無理のない速度に設定してランニングするのがオススメです。 ただランニングマシンは景色が全く変化してくれないため、飽きやすい方法になります。 どうしても外を走ることが出来ない時だけ使うようにして、外を走れる状態ならできるだけ外を走るようにしましょう。 それと主に野菜を食べる。