ファンタジー世界で「メートル」「キログラム」といった現実の単位が出てきたら違和感を覚えますか?

ライトノベル | 小説45閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

あまり気にしない方がよさそうですね。ありがとうございます。

お礼日時:4/22 10:13

その他の回答(7件)

0

確かにメートルやキロの方がわかりやすいですが 雰囲気は微妙ですね。 なろう系だと大体が地球から異世界に転移した主人公視点で説明されるので不自然は無いですが 生粋の異世界人が使うとすこし違和感があるかもですね。 聖戦士ダンバインという異世界ロボットアニメでは メートルを「メット」と言い換え 言葉の響きがメートルに近いため オリジナルの単位なのに分かりやすい感じにしていました。

0

はい。 その世界の人がその単位を使ったら違和感を覚えます。 何か買うときにその世界の人が 「ええと、しめて1万円だね。金貨1枚」 とか言うようなものです。 ただし、自動翻訳があって、単位系も全部翻訳されているという説明付きならならアリ。 その場合、全部の単位が日本のそれにならないと違和感がありそうです(具体的にはお金の単位は円に翻訳されるのでは、ということ。単位系の一部だけ翻訳されるなら基準が明確になっていないとおかしな話になります)。 転移転生者がその単位で考えるのは違和感がありません。 「2ホニャララってことはざっくり3メートルか」 みたいなことですね。 ただまあ、各種単位系は、人体基準であるケースも多いので、似たような表現、長さになるのはアリと言えばアリ。

0

全く知らない、オリジナルの単位を出されると、その単位が出てくるたびに頭を働かせなきゃいけなくなるので……。 個人的には、メートルやキログラムなどの現実の単位のほうが読んでてありがたいですね。 まあ、作品の世界観次第というのが極論ですが。

0

設定次第 翻訳が魔法的なアレでやられてて、「異世界言語を主人公が理解できる概念として伝わる」 設定なら、別に不思議でもない 異世界では23ウルメス、と言う単位だが、翻訳魔法的な都合で主人公には1mとして聞こえる、みたいな まぁ、単位まで掘り下げた設定も面白いですし、好きですが そこまで掘り下げるとキリがない場合が多い(そもそも、魔法がある時代で、中世風に文明の進歩があること、下手したら人間の存在すら違和感があるかもしれない) ので、まぁ流してます どうせ日本語訳してますしね 結局、「ファンタジー世界の話を、日本語でお届けしている翻訳版」 としてみればそこまで違和感はない

0

個々の作品の設定次第ですが、基本的には不自然なので違和感を持ちます。 完全な異世界などであれば、実際には作中での言語で会話しているものを「日本語作品だから」日本語で表現しているだけなので、名称のみでは無く単位系自体が異なるのが当然であるためです。 逆に、特殊な条件が無いなら「馬」「城」「太陽」などの表現は、あっても違和感を持ちません。現実の世界と完全に同じものでは無くても、似たような生物や構造物、天体などごたるのは自然な話だからです。