FPの老齢基礎年金の問題について。 18歳から27歳までの108ヶ月厚生年金保険で、27歳から60歳までの392ヶ月国民年金の人がいます。

年金 | 資格20閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:4/22 22:13

その他の回答(5件)

0

老齢基礎年金についての問題という事ですから、20歳到達から60歳到達前月までの月数が給付金額に反映するという知識を問う問題でしょう。 問題の間違いでしょう。 27歳到達から60歳到達前月までは396月です。 それを392月と書き間違えている。 392月ならあとの4か月はどうしたの?という事になる。保険料未納であれば未納月が4か月と書くはず(あるいは保険料納付した月が392月とか書く)。国民年金が392月とは書かない。

0

厚生年金を払い始めてから、500ヶ月間、年金保険料を納めています。 だから、老齢基礎年金の支給は、満額がもらえる480ヶ月を超えているので、480ヶ月公的年金として満額支給されているのです。

0

どの様な問題なのかわかりませんが 27歳のときに、未納期間があったとか合算期間があったとか 書かれていないでしょ? 20歳以上は強制加入なので未納や免除、合算期間がないなら 27歳で種別変更したと読み取れると思いますが?

0

単純合計で500ヶ月。 20歳から59歳11ヶ月の間の480ヶ月が老齢基礎年金の扱いで、 18歳4ヶ月から19歳11ヶ月の20ヶ月が、経過的加算。 ってことを逆算しろと言ってるんでしょうね。