新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

日本人配偶者ビザの申請について

ビザ61閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさま、丁寧に回答ありがとうございました。モチベーションが上がったので、この調子で立証頑張っていきます。

お礼日時:4/21 17:38

その他の回答(1件)

0

先の回答者様のとおり、年収要件を満たしませんが許可になる可能性はあります。 質問者様のコロナで失業したことを正直に申告した上で, ①現在は契約社員ではあるもののきちんと生計を立てていること。 ②婚姻関係は継続して数年間維持されている(今後も維持される)こと。 を詳しく立証資料を加えたうえで申請してください。 特に②については、出会いの経緯(生徒であったことの証明、教師であったことの証明もすること)、配偶者と一緒に住むにあたってどのような準備をしてきたか、今後どのような準備をし婚姻生活を送るのか細かく立証しないと許可を得るのは難しいと思ったほうがいいです。

彼には卒業証明書と私も働いてた時の契約書があるので立証はなんとかなりそうです!一応、彼の職が決まっているので(コネで入社誓約書を作ってもらいましたが)年収面もなんとかなるかな?と思っています・・・どうですかねえ