最近の若者の性格や傾向ですが、 「出世や成功を望んでいない。 アニメを見たりYouTubeやインターネットしたり

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

出世や成功を望んでいない、それはそれで良いんじゃないですか。 自分も若かりし頃はそんな事を言ったり、思ったりしておりました。 だけど周りの人や知人が頑張って車を買ったり家を買ったりすると何だか自分が取り残された思いがして来ました。 このままでは置いて行かれ取り残される思いから心気一転仕事に精を出し頑張って、何とか車も持ち・自分の城も建てました。 でも遊んでばかりしていた者の結末は年金も無く人も寄り付かない生活です。 人間はいかにして老後を楽しく楽に暮らせるかです、老後を楽に暮らすか悪夢が待っているかは本人の努力次第だと思います。

0

お仕事も欧米化が進んで来ていると思いますね。 我々の時代は「モーレツ社員型」同期・同僚を蹴飛ばしてでも昇給・昇進を考える。 今のような考えをしていると、左遷されたり窓際族へと追いやられました。 欧米なんか夏休みバカンスなんて常識ですからね。 家族を第一に考えます。できる奴は突っ走らせれて、凡人はそれなりに・・・ そういう風潮にあると思います。でも企業の体質は変わってなくてバリバリ競争社会を望んでいます。儲けたいですからね。 労使のずれは大きいです。だからすでに、経済トップからは落ちようとしています。 時代は変わっていきますね。「ゆとり労働化」へ進んでいると思います。

0

これは、自分の欲望を満たすものが 多いか少ないかの違いで 昔は食べる物も着る物も少なく高かったので ギスギスしていた訳で いわゆるハングリー精神が強かったと言う事ですね 今の時代は食べる物や着る物が無いと言う事は 無いですからね・・・。 それだけ社会が成熟してきたと言う事です。

0

違いますね。高度経済成長の時代とはあまりに時代背景が違いますから。皆日本はもっと豊かになると思っていた時代と不況の中少子高齢化、年金問題など様々な将来の不安を抱えながら育つのでは当然ライフスタイルも就職先も変わるでしょう。