癌治療の主流は、現在のところ『抗がん剤治療』になりますか❓

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

1

> 癌治療の主流は、現在のところ『抗がん剤治療』になりますか❓ その通りでしょうね。X線、ホルモン療法も含め、抗がん剤治療が多いでしょう。 > 月の通院の頻度、金額はおいくらぐらいかかりますか❓ > 何年か前には、抗がん剤治療月に約8万円とお聞きした、、、 まずは、高額療養費制度の自己負担限度額の確認を。 下記リンクの4、5/19ページ https://www.mhlw.go.jp/content/000333279.pdf 毎月100万円、200万円の抗がん剤を使ったとしても、上記リンクの限度額までに収まります。 質問者さんの情報源は、限度額区分が「ウ」の場合でしょう。 多数回該当だと44400円になります。 質問者さんの区分がどうなっているかは、所得or標準報酬月額の確認を。 癌保険の見直しならば、通院での抗がん剤利用が保険給付対象になるのかの確認が必要かと思います。 通院特約、 病院での抗がん剤投与なら保険給付対象でも、 たとえば、肺がんのイレッサ、タルセバは、通院では対象にならない場合が有ります。OP選択になるのでしょう。 先進治療特約 数年前に、陽子線、重粒子線治療費の数倍する抗がん剤でも保険適用になりましたが、陽子線治療、重粒子線治療は、保険適用になっていません。。 ほけん適用にならないという事は、効果ありの方がいるにはいるけど、効果無となる方が圧倒的に多いのでしょう。 又、転移によっては、治療拒否されることも。 そうは言え、先進治療の保険料は、わずかなのでOP選択しても保険料負担は苦にはならないかと思います。

1人がナイス!しています