J.S.Bachはリュートの楽曲は作曲していないのですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

リュート、またはラウテンベルクのための曲を7曲作曲しています。 BWV995〜1000と、1006aです。 バッハはリュートを上手には弾けなかったと言われており、自身で演奏する時はラウテンベルク(リュートの音がするチェンバロ)で弾いたと言われていますが、鍵盤楽器用の曲としては、バッハの曲としては簡単すぎるので、作曲時の想定楽器はリュートだったのであろうと思います。 なおバッハはリュートの音をとても好んでおり、自身もリュートを所有していましたが、リュートが得意ではないため、どうしてもリュートの音を出したいということで特別に作られたものがラウテンベルクです。また当時の高名なリュート奏者S.L.ヴァイスと親友でした。リュートのために作曲し、それを自身でも弾くためにラウテンベルクを注文した、と考えるのが妥当だと思います。

書き忘れましたが、リュート独奏曲以外にも、リュートが指定された曲があります。有名なのはヨハネ受難曲です。 通常、リュートは合奏内では通奏低音、つまり楽器を指定されない楽器群(リュートのほか、チェンバロ、オルガン、ギター、ハープ、ヴィオラダガンバ、ヴィオローネ、ファゴット等)のなかで弾くのですが、この曲でははっきりリュートの指定があります。

0

最近はほとんどラウテンクラヴィーア用だといわれてますね。 リュート譜に書き直したのはバッハ本人じゃないだろうとか。 どこまでほんとかわかりませんが。 ただ、両手使えるクラヴィーア用にしては低音が動かなさ過ぎるのがちょっと気になる。オルガンのペダルより動いてない感じ。