半自馬制度がある乗馬クラブをよく見かけますが、あれは自馬を持つ自信のない人が一時的に半自馬を持つシステムなのですか?

習い事50閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、大変為になるお話をご教示くださり、ありがとうございました。

お礼日時:5/8 18:50

その他の回答(3件)

1

半自馬は、クラブの馬でクラブと自分が半分半分で持つので、自馬を買うお金がなかったり、毎日来れない人や自馬を持つのはまだ早いとおもっているひとが半自馬をしています。半自馬なのでクラブはその馬をレッスンに出すこともできます。 半自馬をしていると競技会に出れたりいろいろな事に挑戦できます。 買い取って自馬にする人はあまりいないですね。 半自馬の馬達は競馬やっていた子ほとんどなので自馬を買う人はもう少しレベルが上の馬を買う事がほとんどです。けれど、その馬が自分に合っていると思った人は、自馬にしたりしていますね。

1人がナイス!しています

1

「半」ですから半分自分の馬であって半分クラブの馬ということです。 つまり、そのオーナーが来た場合はその馬を自馬として騎乗することができますが、いない場合はクラブが練習馬として他のお客さんに騎乗させることができるというシステムです。 半自馬オーナーにとっては購入費や管理が安くできるメリットがありますし、クラブにとってもその馬で稼ぐことができるというメリットがあります。 半面、クラブが誰彼なしに騎乗させると調教が台無しになってしまい兼ねないという大きな欠点があります。

1人がナイス!しています

1

半自馬は、週末しかクラブに行けない方、 月々の預託料金の負担を軽くしたい方、 自身のレベルアップの為 クラブの練習馬では物足りないが、自馬にするとレベルアップした時に手放し難いから半自馬…レベルアップしたら買い換える。 等の理由ですね。 週末ライダーの場合、自馬にすると平日の運動が出来ず、運動料金を払わなくてはなりません。 預託料金が半額になれば、サラリーマンにも持てます。 乗馬のレベルアップには、その時のレベルより少し上の馬が良いのですが、自馬では物足りなくなった時に持て余します。 逆にクラブ側は、半自馬でも月々 安定した収入があるので有難いです。 ただ、怪我の責任、、平日 怪我をしたのだから、治療費はクラブ持ち(お客)、、半自馬なのだから折半(クラブ)、、等々と些細なトラブルが起きない様な契約が必要です。 半自馬システム、最近ではあまりききません。

1人がナイス!しています