小学4年生の息子のことでお聞きしたいです。

野球全般106閲覧

ベストアンサー

0

ありがとうございます。 言葉足らずでしたが、週5の練習の内の2日間が大体練習試合なので、週2日はお休みです。 高学年がほとんどいなく、ルールもよくわからない低学年の方が多い弱小チームです。 それでも野球が好きな息子は、練習が休みでも素振りをしてみたり壁にボールを当ててゴロ取りの練習をするなどして遊んでしまっています。 やはり練習が休みの日は完全に休ませることが大切ですよね。 明日、整形外科を受診してみようと思います。 的確なアドバイスをどうもありがとうございました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

沢山のご意見やアドバイスをどうもありがとうございました。 整形外科を受診したところ、骨に異常はなく、毎日成長しているという年齢の今、野球をしていればどこかに痛みは必ず生じてくるとのことでした。体が硬く特にハムストリングスのストレッチが足りないようなのでご指導を受けました。息子もさっそくストレッチに励んでいますので、食事に関しても強制せず野球を続けていけるようケアして見守っていきたいと思います。

お礼日時:4/30 22:12

その他の回答(6件)

1

子供に一番してはいけないのは強制することです。 子供は、精神的なことに大きな影響を及ぼします。 中学生や高校生のように扱ってはいけません。 痩せているからといって怪我をしやすいとう考え方はどうかと思います。 無理に沢山食べさせるより、少ない量でも栄養のあるものやたんぱく質系のものを食べさせるといった考えはどうですか。 精神的に疲れていても食欲は無くなります。精神的に疲れていると太りにくい体になります。 今の時期は、強制するより、楽しくやらせてやる時期だと思います。 子供の野球は、試合の中で学ぶことが多いです。試合経験を多くすることで成長します。 今、辞めて、中学に入ってからさせるという選択肢も有りますが、辞めたことで冷めてしまうことも考えらるし、途中で辞めたというレッテルを貼られることも考えられますよ。中学で楽しく野球が出来るとは考えにくいです。 私は、20年以上学童野球の監督をしています。子供の性格も有り一概には言えませんが、親が厳しく、むりやりさせている子供は辞めたがる傾向にあります。元気がありません。 私は、今は、そういう時期ではないと思います。 私が、親御さんによく言うのは、「まず、野球を好きになることです。好きになればやる気が出ます。やる気が出れば辛くても我慢できます。」 「親御さんのサポート無しでは成長しません。しかし、強制すると逆効果になります。」と言ってます。

1人がナイス!しています

野球指導者の方からの御言葉、大変有難く思います。 野球は大好きで、痛みを我慢してまでもやろうとするような子なので、しっかり休ませ、栄養の摂れる食事を作り、自分の食べられる量を自分で摂らせたいと思います。 食べられないことを気にせず、今は楽しく野球を続けられるよう見守ります。 本当にありがとうございました。

0

元気に、美味しく食事ができるようにすることを、最優先に考えるべきではないかと思います。 食事に1時間半もかかるのは問題だと思います。病院に行って、相談された方がいいです。 まず、これが第一歩ではないですか。 好きな事やろうとすれば、元気でいないとダメだと思います。 練習が5日、土曜・日曜が試合、毎日野球してることですよね、やり過ぎとしか思えません。:子供の体壊れる事心配です 自分は小学校まだ3年間あるので辞めるのも可哀想かなとは思いますが、1年間休部するようなことどうですかね。 お父さんとキャッチボールなどして、野球楽しめないですか。 夢がプロ野球とのこと、簡単にプロ野球選手にはなれません。 夢はいいことですので、いろいろと話しされたらいいと思います。

皆様のお言葉から、食事の量を自分で決めさせて食べられるだけ盛りつけるようにさせてみましたが、やはり一時間はかかってしまいます。(テレビなどはつけていません) それでもこのような食事方法を少し続けて、休みを取らせながら見守ってみようと思います。 本当にそうですよね、好きなことをやるには元気でいることが大切ですよね。 真剣に考えてご回答下さり、本当にどうもありがとうございました。

0

野球肘(野球してる小学生や中学生が起こる病気)の可能性があるので、よほど痛ければ診断された方がいいかと思います! 後は他の回答さんの意見を、参考にしてみて下さいね! 夢は、努力 もしくは、才能があれば叶います!!

念の為、スポーツ(主に野球)を専門としている整形外科を受診してみようと思います。 息子に伝えてあげたい希望のお言葉です。どうもありがとうございました。

0

学童軟式の元指導者です。 指導者時代、所属する子供がいわゆる成長痛(オスグッド)により野球を続ける事が困難になりましたが、痛みが治まった中学以降、再度野球を始め高校野球まで続けました。 少々、状況は異なりますが目標や夢はともかく、可能性という事でいえば不可能ではないと思います。 それよりも気になるのは食事の量です。 小学生のような筋量や未熟な骨格の体で。多量の食物を摂取しても、必要な栄養素以外はすべて排出されますので、ナンセンスでしかありません。 よく 強豪高校の野球部員が、1日に沢山のカロリーを摂取する場面を見たり聞いたりしますが、それは、そのエネルギーを消費するほどハードな練習(筋トレなども含む)を日々、行っているがゆえ、無理してでも食べないとエネルギー不足になってしまう、という事です。 それを小学生に当てはめるのは、そもそも無理な話です。 むしろ、その習慣で食に対するマイナスイメージが身に付いてしまったら本末転倒でしょう。 現時点で量に神経質になる必要はありません。 それより子供にありがちな好き嫌いなど、食の偏りがあるなら、それを克服するように工夫してあげるなど、別の視点で見守ってください。

野球に関しても、食事に関しても全く無知でお恥ずかしいです。 食事の量を気にせず、栄養のある物を食べたい分だけ自分で食べさせるようにします。 野球は大好きな子なので、量を意識せず食べられるのであれば、野球を辞めたいという気持ちはなくなると思うので。辛い思いをさせてしまっていたなと反省しております。 元指導者様からの御言葉、大変有難く重く受け止めました。本当にどうもありがとうございました。

0

まず、週5練習+4試合って、尋常じゃないですよ。 よっぽど勝ちたいんですね、そのチームと指導者は。 子どもは大人のミニチュアではありません。 運動さえ続けていれば中学からまた野球やっても全然問題ありません。 中学や高校の部活から本格的に野球をやり始めたプロ野球選手も多数います。 ただ昔は遊びの野球は子供の頃やっていましたし、多くは他のスポーツは小さいころからやってます。 今の環境で壊れるよりよほどいいと思います。

ご回答頂き、どうもありがとうございました。 皆様からも良いアドバイスを沢山頂き、きちんと休息日を設けてあげようと思いました。 本当に、体が壊れてしまってはどうしようもないですよね。 真剣に考えて下さって、本当にどうもありがとうございました。